どうも、誠司くんのクイズに早く取り掛かりたいちまりん☆ですニコニコ



【お知らせ】ひらめき電球ひらめき電球ひらめき電球

私のブログは、かずき君のブログが更新した後に更新するので、先にインテロ見てから読んで下さい。

ネタバレしちゃうかも知れませんのでご了承下さいビックリマーク



かずきくん、いい感じで曲作りできてるみたい音符


ポチッとしたのね虹


今日は『Hydrangea』の感想いってみます音符

山村隆太作詞 阪井一生作曲

flumpool、高藤大樹編曲

【追記】昔のライヴの歌詞カードにはflumpoolと高藤大樹編曲になっていますが、CDの編曲は百田留衣になっています。


インディーズの頃からあった曲を、もう一度練り直し、恩返しとして、デビュー後の「Unclose」ツアーのOSAKAmuseでのライヴを行なった時に、初めて披露したので、懐かしのキーボード高藤大樹さんもアレンジに名前載ってますキラキラ


当時はライヴでしか聴くことができない曲で、CD化をファンは望んでましたが、なかなかそうはならず、ベスト盤でやっと叶ったという経緯もあります虹


インディーズの頃の曲から、タイトルの一部を繋げるようなかたちで、大サビの歌詞に組み込んでいます。インディーズの頃からのファンの方は、この大サビ部分を聴いたことがなく、後から付け加えられた部分だったそうで、そこに昔の曲のタイトルが散りばめられていたことに、相当感動したらしいです。

うらやましいですね照れ音譜


私、一回離れてしまったのでうろ覚えですが、タイトルは、『ココロの種』、『モノクロ』、『月と街灯』、『流星』、『さよならの日』『キヲクの渦』だったと思います流れ星


確か、『月と街灯』が「MWDear Mr. & Ms. ピカレスク~」の原曲で歌詞が全く違ってたと思います流れ星


flumpoolのメンバーにとっては、インディーズの頃とメジャーデビューしてからの両方を大切にするように、繋げるような想いで、こんな風に作り直して、インディーズの頃を知らない私達にもこの曲で何かを教えてくれているような気持ちにもなります流れ星


ライヴでは、かずき君や元気くんも歌うというのも特別ですよね。CDは隆太くんだけで少し残念ですショボーン


イントロとAメロのギターは、デジタルディレイで幻想的な雰囲気を醸し出していますギター

大サビ前のギターソロは、歪みの音で、かずき君の気持ちが垣間見えるほど、すごくエモーショナルです。


イントロのベースは必聴です音譜

ベースはシンプルめで、Bメロに少し動きがある程度。Bメロに入る時にエンジンかかったみたいになってる1:10のグリスがカッコいいです。


ドラムのフィルインが、すごく感情を高ぶらせます。

0:07~、3:49ドラム


3:24~は、バスドラが不自然なくらい多く入っていて、普通じゃありえない気持ちの高ぶりを表現しているのだろうと、グッと来ました。この大サビ部分のドラムは最後まで通して聴いて欲しいくらい、とてもエモーショナルですドラム


ライヴで、隆太くん、かずき君、元気くんの順に歌うのがいいですアップアップ

聴きたいですビックリマークビックリマーク

かずき君がメロディーを即興アレンジしてくれたら、さらに楽しいだろうなラブラブラブラブ



あぁ、いい子で待つから

この曲、ライヴでやって下さい音符


神さま星


どうか、神さま星


一緒にがんばろ照れ