胆道閉鎖症・乳幼児肝疾患母の会 肝ったママ’s

胆道閉鎖症や乳幼児肝疾患の早期発見に力を入れております。
便色カードで早期発見 No more 脳出血!


テーマ:
寒い中、皆様いかがお過ごしでしょうか?
ノロウィルスやインフルエンザが流行っているので、
外出から帰宅したら、手洗い・うがいをしましょう。小さいことですが、効果はちゃんとありますよぉ。

さて、今回は去年の暮れに書きました胆道閉鎖症のウンチの色について、
ウンチを見た事がある患児の母親たちの体験談を載せたいと思います。
育児書や医学書には「白っぽい色」や「灰白色」との表現が圧倒的に多いのですが、
実際には「薄い黄色・薄いみどり色・クリーム色」も胆道閉鎖症の可能性があると書きました。
でも、色と言うのは「視覚」であり、それを「言葉」で表す時、適切に表現することは難しいものです。
便色カードを母子手帳に載せることが出来れば、「言葉」だけではなく、
「視覚」にも訴える事ができ、親たちの注意を引く効果が出ると思ってます。
では、便色カードがない場合はどうするのか?言葉で注意を引くしかありません。
「灰白色」なんてややこしい言葉ではなく、普段身近で見かけるものにたとえたらどうでしょう?
以下は、母親たちが実際に見た感じを「わかりやすいたとえで教えて」とお願いして、
寄せてもらった体験談です。(プライバシー保護の観点から匿名にさせていただいております)

=================

S.Kさん:
娘のうんちはクリームチーズを固まらせる前の、
カッテージチーズの様なポロポロの状態に
薄い黄色の液体を混ぜたような油っぽい感じのウンチでした

S.Mさん:
ちは折り紙の黄色から始まり、だんだん卵焼きとかプリンみたいな色になりました。
顆粒便→つぶつぶと水分が別々に出てくる感じです。音がぶりぶりと豪快になってました。
あと、お風呂でうんちをもらしたとき、うんちと一緒に、油の膜も浮きました。
うんちの感じはおぼろ豆腐ですね 。
わたしは気付いたのが生後20日くらいでした。
1ヶ月検診前日には真っ白になりましたが、そのあとまた色がついたりしました。
油っぽいうんちだから、普通のうんちよりこびりつかなくて拭きやすい、と思いました

chiさん:
うちは、黄緑色でした。たとえて言うなら、抹茶に生クリームを入れたような色、
うぐいす餅とメロンパンの色を混ぜたような色でした 。
回数は、1日に8回位してました。
うんちの感じはお豆腐みたいな感じでした。ちょうど、木綿豆腐を水切りした時のような形です。

Kumiさん:
うちもメロンパンの色でした。
形状は、最初は赤ちゃんのドロドロウンチだったのが、
だんだんおからみたいな感じになって行った感じでした。
でも油っぽいみたいな。。。
やはりミルクの飲みが凄くて、よく吐き戻しもしていました。
今思うと、やたらミルクを欲しがり、泣いていた気がします。

bittyさん:
うちも皆さんが表現してるように
最終的な色はポロポロ状のチーズみたいな薄い黄色い豆腐みたいな感じでした。
→脳出血する数日前は毎日のようにこんな感じでした。
最初の頃は確かに濃い緑のウンチや濃い黄色でした 。
それがいつからか徐々に薄くなりました 。

=================
上の方達の体験談を読んでも、いくつか共通する点が見られます。

(1)うんちの色:薄い黄色・メロンパンの色・プリンの色…。
         真っ白や白っぽいの他にもこんな色も要注意なのです。
(2)うんちの形状:脂っぽい、油の膜がある…。
         おからみたいな、豆腐みたいな感じ…。表面がテカテカしてる。
         これは胆汁が流れず、脂肪を分解しないからです。
(3)色がじょじょに変わる:ある日突然変わるものではなく、じょじょに変わる場合が多いです。
         じょじょに変わるので、母親の目が慣れてしまい、
         おかしいと気づかない場合もあります。

もし、お子さんのウンチの色が上に書いてあるような状態だった場合、
うんちのついたおむつを持って、かかりつけの小児科を受診してください。



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

肝ったママさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。