2020年5月、9.完結の月 前編 | 運命の波乗りブログ

運命の波乗りブログ

愛知県岡崎市 ちゃいるどきゅーとde活動中。
長濱晴子が、誕生数秘学を語るブログです。

読み続けると、毎日の数秘が肚に落ちて、運命の波乗り上手になりますよ(^o^)

ご来訪ありがとうございます。

誕生数秘学 認定講師の 長濱晴子(-haru-)です。


大変お待たせしました。

今月の数秘です。


+++


5月、月の社会サイクルが【9】に変わりました。



わたしたちは、

お誕生日から算出できる【個人サイクル】が

プライベートに大きく影響を受けながら、


お仕事面や社会とのかかわりは、

西暦による【社会サイクル】のリズムの上に過ごしています。


2500年以上使われている人類の智慧を

ぜひ活用していきましょう。


わたしたちは、2020年の今年、

4.安定の年」(2020年スペシャルバージョン)の波の上にいます。



2020年は、2のエネルギーを0で増幅された

20/20

22の大波のエネルギーも関わってきます。

22には、完全な成就、常識外、理想の実現、スケールの大きな世界観、などの意味が加わります。



まずは、先月の

「8.収穫の月」をふりかえってみましょう。



2020年4月は、

4.安定の年の8.収穫の月


今年1年間を通して関わる4には、

「あたりまえを大事にする、こつこつと継続する。」という意味があります。


【4】は、9年サイクルのなかで、1番忍耐がいる年といわれていますが、まさにいま世界が渦中にいますね。


4には、日常、当たり前、常識という意味もあります。


1900年代の1の時代のエネルギーから、

2000年代の2の時代のエネルギーへ、

急激に転換していく感を否めません。


これは、まるで江戸から明治にきりかわるような、石炭が当たり前の時代から石油にシフトするような、

ふりかえると、あのとき大きく常識が変化したね、といえる時代をいきていることは間違いありません。



1月に環境が変化し、

2月に起きた出来事を大事に育んで、

3月に活かしていく必要がありました。

そして4月、思い切った行動にでる月でした。



【8】には、「エネルギーの循環」という意味があります。


また、【0】をふたつ携えた8は、

まるでドラえもんのポケットを2つもっているかのような、たくさんの可能性が満載な月でした。




そして、2020年5月

今月は、「9.完結の月」です。




【9】には、


ありのまま、学ぶ、寛大という意味があります。


先月に思い切った行動ができたかたは、


今月に相当生かすことができます。


行動できなかったかたは、

延々と考え続けることになります。



せっかく考えるなら、来たる2022年を見据えた心と体を手に入れたいものです。





【9】にはほかに、

過去を振り返る、コミュニティのリーダー、シンプルに削ぎ落とす、などの意味もあります。


今月だからこそ、

いままでの当たり前を手放し、

来月からはじまる新たな道へ準備をしていくときです。

2020年だからこそ、【2】のつながりを大事にしていきましょう。

新たな仲間があなたの周りにやってきています。
心地いいコミュニケーションをするために、
情をはさまず、知的に冷静に対応していきましょう。

月の社会サイクル9の今月は、
「怒らない」で、相手に伝えることを意識していきましょう。

つい感情がたかぶりやすい時期ですが、
一呼吸おいて伝えることを意識できれば、

来月から年末まで、必要な情報を受け取りやすくなり、取捨選択もたやすくなります。



社会サイクルの流れをみると、


5月の今月は、新たなシステムへの準備、


6月から、新体制のプレスタートとなります。


来たる2022年は、今年以上の話し合いに次ぐはなしあい(混乱ともいう)、

いままでの常識は、完全に通用しなくなります。



それにむけて、

わたしたちは何をすればよいのでしょうか。


「何をする」につい視点が向きがちですが、


実際のところ、「どんなじぶんで在りたいか」を決めるしかありません。



ひと月前にも同じ質問をきいて、ピンと来なかった方も、


このGWを通して、

どんなじぶんで在りたいか、感じた方は多かったのではないでしょうか。



続く。→◯◯◯