2020年4月、8.収穫の月 前編 | 運命の波乗りブログ

運命の波乗りブログ

愛知県岡崎市 ちゃいるどきゅーとde活動中。
長濱晴子が、誕生数秘学を語るブログです。

読み続けると、毎日の数秘が肚に落ちて、運命の波乗り上手になりますよ(^o^)


ご来訪ありがとうございます。

誕生数秘学 認定講師の 長濱晴子(-haru-)です。




+++


4月、月の社会サイクルが【8】に変わりました。


わたしたちは、

お誕生日から算出できる【個人サイクル】が

プライベートに大きく影響を受けながら、


お仕事面や社会とのかかわりは、

西暦による【社会サイクル】のリズムの上に過ごしています。


2500年以上使われている人類の智慧を

ぜひ活用していきましょう。


わたしたちは、2020年の今年

4.安定の年」(2020年スペシャルバージョン)の波の上にいます。



2020年は、2のエネルギーを0で増幅された

20/20

22の大波のエネルギーも関わってきます。

22には、完全な成就、常識外、理想の実現、スケールの大きな世界観、などの意味が加わります。



まずは、先月の

「7.休息の月」をふりかえってみましょう。




2020年3月は、

4.安定の年の7.休息の月


今年1年間を通して関わる4には、

「あたりまえを大事にする、こつこつと継続する。」という意味があります。


【4】は、9年サイクルのなかで、1番忍耐がいる年といわれていますが、まさにいま世界が渦中にいますね。


さらに、取捨選択、断捨離のような意味もあります。

昨年にたくさんでた芽を、間引きます。



1月に環境が変化し、

2月に起きた出来事を大事に育んで、

3月に活かしていく必要がありました。



人によっては、あらたに勉強をはじめたり、

ひとりで事にあたったり、

自力で考え抜く必要があったことでしょう。


休息の月、の名前の通り、

いままでがむしゃらに動いていた人は、

急にストップがかかったように感じることもあるでしょう。



【7】には、「考える、計画を立てる、完成する」という意味があります。


また、【自立】という意味もあります。



いままでの当たり前を見直して、

今後をどうしていくか考える月でした。




そして、2020年4月

今月は、「8.収穫の月」です。



【8】には、


達成、拡大、シェアする、という意味があります。


先月に考える時間をもったからこそ、


今月は、どう動くか、

なにに情熱を傾けるか、


誰と過ごしたいかがはっきりします。


はっきりしたら、

相手とコミュニケーションをとっていきましょう。


会うのがハードルが高い昨今、

電話やメールでも構いません。



もっている情報をわかちあう、ということが、

今月はたいへん大事な要素となります。




社会サイクルの流れをみると、

昨年の7月の発端、

12月〜今年2月の激しい変化と選択、

3月は立ち位置を確認し、身の振りを考え、

4月の今月は、思い切って行動することができるでしょう。


そして5月は、新たなシステムへの準備、

6月から、新体制のプレスタートとなります。


7月は慣れぬ状況に動揺も大きいでしょうが、

8月には、トライアンドエラーを重ね、意外と慣れていき、

9月に、今年最大の山を迎えます。


10月、現状からの離脱、交流がますます活発となり、

11月、今年2度目の大きな局面を迎え、

 12月、1年の総まとめ、翌年に向けた綿密な計画をたて、

2021年1月、いよいよ新体制の発足です。


2022年は、今年以上の話し合いに次ぐはなしあい(混乱ともいう)、

いままでの常識は、完全に通用しなくなります。



それにむけて、

わたしたちは何をすればよいのでしょうか。


「何をする」につい視点が向きがちですが、


実際のところ、「どんなじぶんで在りたいか」を、まず決めるしかありません。



続く。→◯◯◯