『チャイルドドクター・ジャパン』

『チャイルドドクター・ジャパン』

アフリカで医療支援活動するNPOチャイルドドクター・ジャパンのブログです。

ドクターさん こんにちは!

私と孫のブレスリーは元気に過ごしています。

私たちはドクターさんが、いつも私たち家族の健康を気にかけてくれていて、嬉しく思っています。

あなたが元気でいらっしゃるよう、私たちはいつも神様に祈っています。

 

ケニアは夏で、日差しはとてもまぶしいです。

でももう少ししたらマシになると思っています。

コロナ感染者の少しづつ減っていき、早く終息する事を願っています。

ご支援をありがとうございます。

お身体に気を付けてお過ごしください。

 

ブレスリーとお爺ちゃんより

 

お元気にしてらっしゃるでしょうか。

私たちは元気で暮らしています。

ロビーナは元気で、いつも楽しそうです。

友達に囲まれて、一緒に遊んでいます。

この日は家に帰って来て「赤ちゃんを背負って一緒に遊ぶから風呂敷が欲しい」と言うのです。

いつも私が抱っこしているように、赤ちゃんを背負ってどこかに行くのだと言いました。

ロビーナが背負う赤ちゃんというのは人形で、その人形を背負って町に行くというのです。

私はただ笑って、風呂敷を渡しました。

ロビーナの母より

 

スラム街の住民の間で「KIBERA NI KWETU」(キベラが全て)という言葉があります。

この言葉は、ここは私たちの生まれた場所であり、キベラの外出身の男性と結婚しない限り、どこにも行くことができない場所という意味です。

もしキベラスラムで生まれ育った人と結婚したら、選択肢はありません。

ずっとここで、ここの住民と付き合い、子どもを産み、育てていくのです。

レハマの父親はキスムの出身ですが、キベラで育ったので、キスムに行こうとも子どもの学校が休みになったら、休暇を祖父と一緒に過ごすために連れて行こうとも考えたことがありません。

 

だから、今レハマがいる場所は、私が生まれた場所であり、トタンの家で子どもたちを育ててきました。

レハマの姉は高校を卒業し、隣国のウガンダへ仕事を探しに行きました。

レハマの兄は先週、履修していたコースを卒業しました。

だから私は、二人が努力して貧しい場所からよい場所へ連れていってくれると信じています。

 

レハマは最近、学校がないときは、特に石で遊ぶのが好きです。

レハマはあまり病気にならないのですが、娘への医療支援をしていただき、嬉しく思っています。

 

レハマの母より

 

お元気ですか?

そちらの天気はどうですか、良くなりましたか。

ジェシカの咽頭扁桃手術の日程はまだ決まっていません。

手術の件数が多いため、順番待ち中です。

 

ケニアは今、小麦やトウモロコシの価格急騰による生活費の持続上昇で毎週月、木曜日に大規模なデモと抗議が行われています。

この国は危機に陥っています。本当に卑劣で最悪な状況です。

つい最近100人以上の暴漢達は前大統領の農場に侵入し、数千匹の羊等を盗み、木々を伐採し、家々にも放火した。私達の多くはその悪魔のような行為を強い気持ちで非難しました。

結局あの侵入者達は政治家達に裏側で組織され、雇用されて、このような略奪破壊行為をしたのです。

本当に何かの政策を取らないと今の状況のままでは生きていられません。

経済は悪化する一途であります。何とかこの現状が良くなるように祈るばかりです。

 

写真に写っているのはジェシカと同じクラスの友達です。

彼方では素敵な季節が早く訪れますように。

心を込めて。

ジェシカの母より

 

親愛なるドクターさん

 

少し前に、アリシアは田舎でおばあちゃんちでの滞在を楽しみました。

親族が集い、袋跳び競走(両足を袋に入れてジャンプしながら進む競争)などいろいろなゲームで競争をしました。

アリシアは幼稚園の年長さんになりました・

いつも娘の健康を支えてくださりありがとうございます。素晴らしい1年でありますように。

 

アリシアの母より