「コムギ粉料理探究事典」でのちくわぶの解説が謎な件 | ちくわぶ料理研究家・丸山晶代の I LOVE ちくわぶ

ちくわぶ料理研究家・丸山晶代の I LOVE ちくわぶ

日本で唯一の「ちくわぶ料理研究家」
丸山晶代がちくわぶについて熱く語ったり
ちくわぶ料理のレシピを載せたりするブログです。


テーマ:

平成11年に発行された「コムギ粉料理探究事典」に

「ちくわぶ」が載っているという事で購入しました。

 

 

 

ちくわぶ 竹輪麩

コムギ粉料理の一種。生グルテンに合わせ粉(コムギ粉)を混ぜ合わせ、ちくわ型に流し込み蒸したもの。竹輪とは異なる歯触りで、煮物、おでん種に用いる

 

と書いてあります。

 

???

 

 

グルテンを添加して作っているメーカーさんもたしかにありますが、多くのメーカーさんは小麦粉と水を練ったものを、たたんで伸ばしてグルテンを発生させています。

 

それを棒状の羅宇(らう)に巻き、ギザギザの板で挟んで茹でます(蒸すメーカーもあります)

 

この掲載された情報はどこからのものなのでしょうか?

謎です。

少なくとも、ちくわ型に流し込んで作っているところはないはずなのですが。
そもそもは、ちくわぶも竹輪も「巻きす」で巻いて作っていたのです。

伊達巻きを作る時の鬼すだれで巻いたからあのギザギザがあるのです。

 

 

 

ちなみに、広辞苑では

 

ちくわ‐ぶ竹輪麩】 小麦粉・水・塩を合わせて練ったものを棒などに巻きつけて加熱し、竹輪の形に似せて作った食品。関東などでおでん種として用いる。 ⇒ちく‐わ【竹輪】

 

とあります。

 

これが正解です。

 

ちくわぶができるまでは、こちらのイラストにまとめてあります。(ちくわぶゆるキャラちくわぶーちゃん)

 

川口屋さんの工場見学の解説はHPにも掲載しています。

 

どうぞごらんくださいね♪

 

「ちくわぶができるまで。丸山晶代工場見学レポ」

 

 

 

 

 

 

Twitter@maruyamatenchou
(基本的にフォロー返しますのでお気軽に♪)
Facebook丸山晶代
(個人アカウントもお友達申請喜んでお受けします♪)



猫グッズ通販・元祖猫商 丸山商店

ちくわぶ料理研究家・丸山晶代の「I LOVE ちくわぶ」

 

ちくわぶ料理研究家・丸山晶代プロフィールさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス