現役放送作家 テレビ取材獲得PRコンサルタント

現役放送作家 テレビ取材獲得PRコンサルタント

テレビに取材されるためのノウハウを暴露します


広告・PR系の勉強会に登壇させて頂くと、
「どのようなプレスリリースをいつも送っていますか?」
というご質問を多く頂きます。
 
その類のご質問には決まって
「僕のコンサル先からプレスリリースを送った事は一度もありません」
と、答えます。
 
一体どういう事か?
 
今回はタイトル通り、
プレスリリースの上位互換というお話をしたいと思います。
 
 
プレスリリースを送った事はない。
 
これは事実ですが、
もちろん、プレスリリースに変わる「何か」を送っています。
 
それは何か?
 
答えは、「企画書」です。
 
 
僕のコンサル先では、
プレスリリースではなく、
各番組に企画書を提出する事にしています。
 
 
その理由は
———————————————————————–
我々番組スタッフは番組を作る上で
新しい商品やサービスを探しているのではなく、
新しい企画を探しているから
———————————————————————–
です。
 
 
よっぽど斬新で画期的な商品やサービスではない限り、
「◯月△日に@@という商品が発売されました」という
プレスリリースを番組に送っても
まず、目に止まりません。
 
しかし、平凡な商品でも
斬新で画期的な企画とセットで提供すれば、
採用される確率は格段に向上します。
 
 
企画の立て方や企画書の書き方云々は
また別の機会にお話するとして、
今回は企画書を書く上で
一つ、注意しておきたい点をお話したいと思います。
 
それは、
「他社商品も企画書にしっかり乗せてあげること」
です。
 
番組に提供するのは、あくまで企画であることを忘れてはいけません。
 
スケベ心丸出しで
「我々の商品はこんなスゴいモノです!」
という企画を提出しても何の意味もありません。
 
他社商品もしっかりと例として挙げることにより、
番組スタッフがリサーチする手間が省けたりもします。
 
こういった一つ一つの心構えが
テレビに取材される確率を向上させていくのです。
 
 
数多のプレスリリースを番組宛てに送っても
何の反応もない企業の方々。
 
一度、企画書という形で
番組に提出してみてはいかがでしょうか?
 
 
 
現役放送作家 テレビ取材獲得PRコンサルタント
知久哲也
ーーーーーーーーーーーーーーーーー

【知久哲也 公式ホームページ】


ーーーーーーーーーーーーーーーーー