2015年11月20日、最高裁で遺言書に関する新しい判決が出されました。

 事案としては、自分で書いた遺言書(自筆遺言証書)に対して、赤のボールペンで斜線(赤ペン斜線)が書いてあったものが見つかったという事案で、この遺言書は有効か無効かが争われたものです。

 まず前提として、この赤ペン斜線は遺言者本人によるものだと控訴審で認定されています。その認定の理由について詳細は分かりませんが、とりあえずその点には間違いがないとしておきます。

 そうすると次に、その自分で書いた赤ペン斜線はどのような意味を持つかという点です。
 ここで法律はどのような規定になっているかというと、民法1024条は「遺言者が故意に遺言書を破棄したときは、その破棄した部分については、遺言を撤回したものとみなす」としていますので、この件では遺言書の「破棄」にあたるか否かが問題とされたわけです。

 この点について控訴審では、赤ペン斜線が引いてあるだけで、全体を読むことができるのだから「破棄」には当たらないと判断して、この遺言書は有効だとしました。
 しかし最高裁は、(赤ボールペンで斜線を引くという)「行為の有する一般的な意味に照らして、その遺言書の全体を不要のものとし、そこに記載された遺言の全ての効力を失わせる意思の表れとみるのが相当である」と解して、「破棄」にあたるとし、遺言書の無効を宣告したのです。

 これまでの裁判例を見ると、最高裁は遺言書の形式については極めて厳格な判断をしていますが、それ以外の問題について、できるだけ遺言者の遺志を尊重して、それに沿った解釈を追求してきました。
 この判決もその傾向に沿ったものということができると思います。

 しかしながら、遺言書というのは、書いた本人の意思が確認できなくなってからその解釈が問題となるという性質上、誰が読んでもその意味が分かるような明確な形で残しておくのが大切でしょう。
 本件では、なぜ赤ペン斜線を引いた遺言書をそのまま大切に保管していたのか、それこそ破り捨てておけばよかったのに、本当に破棄する意思だったのか、などと考えずにはいられません。
 無効とするのが本人の遺志に沿ったものだったのか。

遺言書はお早めに

テーマ:
遺言書はなぜ大事?
遺言書は、故人の最後の意思を表す大事な書類。
ご存じのとおり、遺産をあげたい人、あげたくない人を自分で選んで決めておくものです。

これがなければ、法定相続分に従って、相続人たちが話し合うことになります。そのため、自分の意に沿わない人に財産が渡ってしまうことにもなりかねません。特に、子供のいない夫婦の場合には、兄弟姉妹にも相続権があるため想定外の事態が生じたりもします。
そういった事態を避けるためにも早めに遺言書を作っておくことの大切さをいろんな講座や勉強会で説いて回っているのですが、なかなか浸透しないのが実情です。

遺言書作成に携わる
私たちは職業柄、遺言公正証書作成の立ち会いを依頼されることがよくあります。また、立ち会いだけではなく、遺言の原案作成や公証人との打ち合わせなども依頼されますし、遺言執行者になることもあります。
でも、せっかく依頼されたのが実現せずに悲しい思いをしたことが1度や2度ではありません。

間に合わなかった公証人
ある依頼者のケースですが、その人は末期がんで闘病中(入院中)、余命いくばくもない状態で遺言公正証書を作っておこうと決意しました。面会に行って意図する遺言内容を聞き取った私は、彼の容態があまり良くないと感じ、あと1、2週間で会話不能な状態になるのではと思ったため、緊急に公証人の出張の予約を取り、幸い2日後に公証人に来てもらうことになりました。そしてその日のうちに、遺言書の原案を公証役場にFAXで送るなど急いで準備をしました。

あとは、2日後に病院に行って、公証人に口述して遺言公正証書を完成させる段取りになっていました。ところが、次の日に容態が急変して、遺言書を完成させないまま亡くなられてしまいました。この時ほど残念な思いをしたことはありません。

思い立ったらすぐに遺言書を!
 このとき、本当に人間いつどうなるか分からない、遺言書は早めに、元気なうちに作っておかなければ、と強く感じたものです。
 皆さんもまだ大丈夫、などと思わずに、思いついたらすぐに、元気なうちに遺言書を作っておくよう、強くお勧めする次第です。

相続人さがしの旅

テーマ:
相続人の範囲は?
相続が発生したとき、まず最初に考えなきゃいけないことは、相続人はだれがいるのかですね

相続人は、基本的には2種類あります
1番目が配偶者。妻または夫です。
2番目が血族のうちだれか、ということになりますが、これがなかなか難しくて、血族である相続人には3段階あります。

第1順位が子ども、第2順位が両親、第3順位が兄弟姉妹です。
さらに子どもと兄弟の場合、相続発生時にすでに亡くなっていればその子にも相続権があります(代襲相続と言います)。ここで甥や姪が登場するわけです。

養子や婚外子も
こうやって見ていくと、相続人の範囲はかなり広くなることがわかると思います。
子どもと一言で言っても、前の結婚の際の子どももいますし、認知した婚外子も含まれます。
また、養子縁組した子どもがいればそれも含まれます。
子どもを探すだけでも、亡くなった方が生まれてから死ぬまでの全ての戸籍を調べる必要があるわけです。

会ったことも聞いたこともない兄弟姉妹も
子どもがいればまだましで、子どもがない場合で両親も亡くなっていると、兄弟姉妹探しが始まります。
兄弟姉妹と言っても、両親に前婚があれば前婚の子どもも兄弟姉妹ですし、親が認知した婚外子がいればそれも兄弟姉妹に含まれます。
今度は両親が生まれてから死ぬまでの戸籍を調べる必要があります。
ここまで来ると、自分が生まれる前の親のことですので、全く知らない「兄弟姉妹」も登場するわけです。

兄弟が多くて、兄弟の子供も多ければ20人くらい相続人がいるケースもあります。

こうなると、相続人さがしだけで遡って何十通も戸籍(除籍)を取り寄せる必要が出てきて、軽く1ヶ月はかかってしまうケースもあります。

相続人を探すのも、簡単ではないんですよね。