今日、たまたまですがとあるサイトで陣痛でいきんでいるお母さんと支えるお父さんの映像を見ました。

.....たまたま興味本位で、ね。

しばらくお母さんはうーん、うーんと踏ん張って助産師さんが無事に赤ちゃんを取り上げ、オギャーと泣いて、お父さんも感動のあまりお母さんを抱きしめて号泣するシーン。

その後へその緒カットがされて幸せいっぱいの家族でした。

妊娠してなかったら私もその感動の涙を頂いてポロリしたかもしれないんですけど、全く違う意味で号泣してしまいました。

きっと主人もああやって私に寄り添って一生懸命声かけて頑張ってくれたんだろうな、私も必死で何も考えれる状態じゃなくて本当にドラマの様に踏ん張ってたんだろうな...

でもその後取り上げられた子は泣くこともなく別室へ直ぐに連れていかれて主人は私にかける言葉も見つからなかったんだろうな。

なーんて客観的に見てしまったらちくたろうのことを思い出して死産のことを全てフラッシュバックしてしまいました。

胎動が無くなり心臓が止まってると言われ死産しないといけないと医師に告げられ泣いて両親を呼びあれよあれよと時は進み死産したあの辛かった時を。

最近は普通に普通に過ごせてたのに...全然思いもよらないタイミングで来るんですよね。

今日は、ちょっと辛い1日でした。

嬉しかったことは出産予定日が近かった友人たちから連絡が来たことです。

一人は死産後に病院でばったり会ってしまった子。死産のこと知ってた上で自分の出産のことをSNSにあげてしまってごめんね。というのと死産して辛い時に病院で会った時に出産応援してくれてありがとうと言われました。連絡するか悩んでたと言われました。見るのが辛かったらSNSからフォロー外してねとも言われました。

もう一人は連絡先が途絶えて心配してたけど、最近知ってびっくりしたし心が痛かったと。連絡するのも辛い想いさせるかもしれないと本当に悩んだけどそうは出来なかったと言われました。私が行ける時でいいから赤ちゃんを見たいと言ってくれました。

一人は出産した子が女の子なので特に何も思わなかったんですが、もう一人の子は男の子でどうしても息子と被ってしまう想いがあって、あなたの赤ちゃんには今はまだ目の前にして会えないけど無事に出産できて良かったと思ってる、おめでとう!と伝えました。


色々心配してくれて彼女たちなりに沢山言葉を選んで連絡をくれた事に感謝しました。
それに復職したらもっと自分の心に余裕ができるかもしれないのでその時には出産した赤ちゃんに会おうかなと思います。

死産してからは心の整理がつかなくてSNSをずっと断っていましたが最近の私はSNSを復活して閲覧だけしています。
あ、でもリア友以外の出産日近い人のフォローだけは外してしまいました。見たくなくて。

SNSには決して何も書かないしイイねもコメントもしないけど...
ずっと篭っていても仕方ないし、また仕事に戻れば友人と遊んだり自分の時間を持ちたいなと思ったからです。

まあ、でもこのブログ以外は日常を書くことはないです。(笑)
とは言ってもこのブログも日常は書いてませんね。
死産してからの心の整理やこの先の気持ちの持って生き方を(行き方)記録しているだけなので...
これも自己満足なんですが、完全匿名なので気兼ねなく全て綴れるのが気持ちいいです。

改めて感じたのが自分の日常をわざわざリアルタイムに載せるのは辞めようと思いました。
リア充アピールでは無いんですけど多分自己満足でネット依存症だったんでしょう!
書けば周りの反応が気になり一生携帯を触り続ける自分になってしまうので...
おかげで安定期に入って妊娠したことも周りに言ってしまったし死産したことも報告せざるを得なくなってしまったので、まさに自分で自分の首を締めてしまってますね。


元々、主人と赤ちゃんが生まれたら子供の前で携帯を触らないという約束事を決めていたので今から訓練しておきましょう!(笑)
会話のない家庭は寂しいですもんね。。


なんか、ママ強くなってる気がする!






にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠・出産(天使ママパパ)へ
にほんブログ村
AD

コメント(4)