拷問

テーマ:
今日の夜は主人と義母と、義兄家族の家へ訪問。

幼い姪っ子姉妹を目の前に本当に辛かったです。

子供のオモチャやらグッズやら見てるだけで...ため息。

普通に振る舞うのにかなり神経使いました、

ただ、女の子姉妹で良かった。

男の子だったら本当にむりだったかも。






その後、解散してから主人と2人で妊娠前の懐かしい話を。


その時の出来事ですがどうしても知りたいことがあったので一時停止していたインスタグラムを開くことに。

ただマタアカではなく本アカの方だったので妊娠経過のことは殆ど書いてなかったんですが

開いたとたん、死産後に病院でバッタリ会ってしまった地元の友達の投稿が1番上にありました。

彼女も妊婦で臨月。私より3週間出産予定が早いだけ。もちろんお互い妊婦ってことも知ってる。

しかも病院でばったり会った時に私の死産の話をしたあとなのに平気で今も妊娠経過をかなり投稿していた。

まあ特に私と仲良いわけでもないし彼女からすれば日常を書いているだけなんだろう。

もしくは私がアカウント停止していたからもう辞めたものだと思って普通に色々書いてたのかもしれないけど。

今となっては、よくそんなに妊娠経過を書けるよなと思いました。

私は妊娠経過については完全マタアカ鍵付きで出産日の近い妊婦さんと女の友達で子持ちか妊婦のみしかいなかったのですが

彼女も鍵アカとはいえ普通に色んな友達が見てる中、妊娠経過を書きまくってることに対してなんとも言えない気持ちに。

単純に、私みたいにもし何かあったらどうするの?と思ってしまいました。

私も見るつもりなかったけどたまたま1番上だったという運命のいたずら的なもの。

主人との思い出話のついでに調べたかっただけだけどやっぱ開くんじゃなかったという後悔。

その後、調べ物も済んだので、再度アカウント停止しようと思ったらFBと違ってインスタグラムは1週間に1度しか停止できないらしい。

最悪!

余計に開くんじゃなかった!

いっそアカウントごと消してしまえばいいんだろうけど、今までの思い出を消すのも嫌だしなあ。

ただ、フォロワーから何も聞かれたくないし連絡が来て欲しくなかったから一時停止にしている...ただそれだけなんですが。





にしても、SNSやらない日常も最高です。
私の中では魅せたいじゃなくて思い出残したいがためにやっていただけなんですけど
やっぱり知り合いと繋がるのは面倒なことも多いものです。


まあ、アメブロもSNSなんでしょうけど。
ただ私のことを知っている人が居ないので唯一なんでも自由に書けてしまう私だけの吐き場所。


そしてこのブログを開設してから、同じ経験者の方と沢山出会い私はとても心が救われています。


本当にみなさんに感謝です。







にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠・出産(天使ママパパ)へ
にほんブログ村
AD

コメント(2)