この話を知った人に



流産したから気持ちわかる

次があるから前向いていこう

まだ若いんだから考えすぎずにね



この手の言葉は本当不要です。

はっきりいって当事者しか分からないし
お腹に一緒にいた時間が長ければ長いほど思い出深く悲しみも倍増すると私は思っています。

これが臨月だったら、生まれて1カ月経っていたら、小学校入学目前だったら、、成人式の前日だったら、、もっともっと受け入れるのに時間がかかり悲しいと思います。


人はいつ病気になるか事故に巻き込まれるかわからないけど
過ごした時間、関わった時間が長ければ長いほどより一層愛おしく感じます。


もし突然亡くなるのが主人だったら母だったら...立ち直るのにもっと私は時間がかかるかもしれない。

なんし色々考えても考えきれません。


傷が癒える時間や辛さは人それぞれ違うものと思っています。
だから正直、私の方が辛かった。など比べられたくないし、
気持ち分かるよ。なんて一緒にもされたくもありません。



正直に

かける言葉がない、返事はいらない、身体を休めて、また落ち着いたらね

ただそれだけでいいです。


主人や母に

前向いて笑っていかないとちくたろうが悲しむよ


そう言われるのはまだ理解できますが他の人にこの言葉ははっきりいって言われたくありません。
実際お腹に一緒にいたのは私、痛い思いしたのも私。

この気持ちは他人に分かることは一生ないと思っています。