新幹線の遅れ | 千曲中央病院Blog

千曲中央病院Blog

千曲中央病院スタッフによる日々の出来事

最終の長野新幹線。名古屋からの到着列車、特急しなのの遅れで発車が5分遅れた。
5分遅れで東京に着くのかと思っていたら、各区間で1分づつ遅れを取り戻し、大宮で定刻の時刻に戻った。
計算に自信はないが、新幹線を各区間で1分づつ縮めるには平均速度を20km/h以上、上げなければならない。後から知ったことだが、すべて運転手の判断で調整するらしく、秒刻みらしい。乗客にとってはなんでもないことのようだが、安全性を確保して遅れを取り戻し、定刻の時刻に戻すことはなみたいのことではないはずだ。新幹線ってやはりすごいと思った。
えてして、いろいろなことがうまくいかないが、自分もあきらめずにもう少し頑張ってみよう…そう思いながら新幹線を後にした。

小海線というローカル線(小淵沢-小諸)があるが、佐久平駅で3分の遅れで出発した。終点の小諸駅には、しっかり3分遅れで着いた。笑

O.H.