花々が咲き緑豊かな季節に心も華やかな季節になりました。

しかし、すぐに梅雨の季節も到来することも忘れてはいけません。

 

最近は大雨が引き起こす『崖崩れ』などの大きな災害が多くなってきました。

局地的に凄まじい雨が短時間に降ることが直接的な原因とは思いますが、それだけではないようです。

 

崖が崩れたところの映像を見ると、樹木が生い茂っていて一見すると崩れる事のないような場所が多いため、被害に遭われた方の「まさか」という思いにも頷けます。

では、なぜなのかというと、崖崩れが起きているところの樹木は植林で、また、針葉樹が多いとの事。針葉樹林は根が浅いため土壌の表層が流れやすいみたいです。一方、広葉樹は根が深い為、斜面地でも崩れにくいようです。

また、竹林などは一般的に地震に強いイメージがありますが、これも根が網目状に横に伸びるため土砂流出には効果がありますが、根が浅いため傾斜地などでは崖崩れが起きることもあるようです。

 

しかし、一番の問題は、短時間で降り注ぐ雨水を如何に排水できるかのようです。

我々人間が対策できる事といえば人工物での対応とはなりますが、排水設備を備えて土壌の保水限度を超えないようにコントロールすることも、これからの災害防止に重要な対策だと捉えるべきだと思います。

 

皆様の近場の斜面にも少し目を向けて上記したことを確認してみては如何でしょうか?