昨日,個人的に欲しかった音楽の
DVDがあったので、それを買うため
御茶ノ水にいくか池袋にいくか迷った挙句

池袋にいくか、と思い立ち
ちょうど日曜日でもあったので、
娘を連れて、ママチャリ漕ぎ漕ぎ
池袋繁華街へ。

しかし、日曜日の池袋を舐めていたぼく、
予想以上の人混みにテンパり
これじゃあ、チャリも停められない
どうしようどうしようと
思いながら、
池袋の駅周辺をノロノロ運転。

途中、
大きなのぼりをたてた集団に出くわし
まあ、都知事選挙の最中だから
どこぞの候補の演説かいな

そう思っていたら


「お願いします!
"たまきちゃん"を救ってください!!」

との絶叫....






........


ところで、

昨年お知り合いになった
とあるパパさん。


この方の娘さんは、病名は違えども
息子君同様、心疾患がある。


お知り合いになったのも
縁なんだろう。
双方の子供の心疾患繋がり、

というより、

ハートの繋がりと言いたい。

そのパパさんは
ぼくにこう言ったことがある。

「俺、娘がこう(心疾患)なった以上、
俺の一生を通じ、心臓のことに関わっていきたいと思うんです。」


清んだ眼差しと
明快な言葉、パッション、
ブレない意思。


すごく美しい信念をその言葉に見ました。

事実、様々な心疾患の啓蒙活動の他、
忙しい合間をぬい
ボランティア活動もされる、

尊敬すべきパパさんです。


......



「お願いです!
たまきちゃんを救って下さい!!」


その絶叫を

ごった返しの人混みは完スルー。

右手スマホの
ポケモンGoでモンスター集めに勤しんでいるのか。。


ただ、僕は
偽善で停まったわけでなく、
同じ心疾患の子供をもつ
1人の親として

一票ならぬ
ほんと、申し訳ないくらいのお金を
娘に持たせて
募金箱に入れさせてもらった。


ほんとうに頑張って欲しい。

.
.....




しかし、このあともこれからも

たくさんの
「......ちゃんを救う会」
「......くんを助ける会」

が発足されるのだろう。

その度何千何億の金額が掲げられ
その都度、
人々の中に賛否両論巻き起こるのだろう。

「なんでこんなにお金かかるの?」
「なんで日本でできないの?」

無知な疑問、無知な意見、

しょうがないよね。
仕方ないよね。

僕だって、息子君が生まれるまえまで
完スルーだったから。


でもね
こう息子君が生まれた以上
同じように
心臓のことで苦しんでいる
お友達ちゃんを
スルーはできないよ。

連帯感は一生。


そういえば、この間たまたま見て
すごく気になっているすずかちゃん
「すずかちゃんを救う会」

今アメリカで、頑張っている。
絶対大丈夫!大丈夫!

次はたまきちゃん。
頑張れ頑張れ!


すずかちゃん同様
たまきちゃんも双子ちゃんで生まれて
きたんだね。

2人とも、共に、いもうとちゃんと
おねえちゃんが
命のバトン、つないでくれてたんだね。


...........




そーいえば
今日は嫁さんの誕生日だわ(笑)。

嫁が愛娘、愛息子を
この世の中に宿してくれたんだ。

嫁がいたから
子供たちに出逢えたんだ。


そんな子供たちが過ごしていく地球、
幸せな地球でいて欲しい。