営業とは | 心ごころ
2008-11-06 23:05:13

営業とは

テーマ:営業
営業というとどうしても、

相手を説得するとか、商品を売り込むとか

っていうイメージが強い。


なので、広告営業においても

クライアントの前に立ったときに、なぜか恐縮してしまったり

不自然に広告枠の説明や、そのメリットばかりを話してしまう。


そうじゃない。


営業というのは、クライアントが望む結果を得たり課題を解決するために

正しい情報を提供し、クライアント自身が意思決定できる環境を用意すること。



だから正々堂々と正しいことを話すだけ。


もちろん、正解が決まっているわけではないけども

広告のプロフェッショナルとして市場のトレンド、

クライアントの課題を掴みながら自分の意見を伝える、

そして、相手に判断してもらう。


そういうもんです。


なので、やたらと前のめりになったり

恐縮したりする必要は全くない。


普通でいいんです。


もちろん「広告のプロフェッショナルとして」という点が大事ですが。


ここは、自分の努力次第ですね。




頑張りましょう。






日々精進。



心ごころさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]