弁当屋が教える「傷みにくいおにぎり」とは? | 名古屋の宅配仕出し弁当屋~現代の食を見直す弁当屋のブログ~

名古屋の宅配仕出し弁当屋~現代の食を見直す弁当屋のブログ~

名古屋の宅配仕出し弁当屋『玄米と大自然の恵み 情熱弁当』のイケメン店主が書くブログです。
現代の「早い」「安い」「手軽な」食から原点に戻り、素材や出汁そのものの味を感じて頂ける料理を創っています。無添加冷凍惣菜通販サイトも運営しています。

こんにちは。

イケメンです。

 

日本人のファストフード、おにぎり。

お弁当を作る時間がない時でも、手軽な1食になりますよね。

 

 

ところが、これからの暑い季節。

実は結構傷みやすいのです。

 

朝持たせてもらったおにぎりを、お昼に食べるのを忘れてしまう。

夕方に食べようとおもったら、ごはんから糸みたいなのが引いていたり。

 

真夏の締め切った車内に、たとえ5分でも置き去りにするなんてもってのほかですよ。

 

そんなわけで、今日は少しでも食中毒リスクを少なくする「傷みにくいおにぎり」の作り方のお話しです。

 

 

①炊飯器のタイマーは使わない

 

忙しい人は、寝る前に研いだお米と水を入れて、タイマーをセットしがち。

朝起きて炊きたてご飯があると便利で時短。お気持ちはわかるんですけどね。

 

真冬ならまだ良いんですが、梅雨時から秋くらいまでは確実にダメ。

炊飯前に雑菌が繁殖してしまいます。

 

この状態で、室温に数時間の放置はリスクしかないのです。

 

 

「雑菌が繁殖しても、どうせ炊飯でガンガン加熱するから大丈夫でしょ」

 

大丈夫じゃないんですよ。

 

食中毒菌の中には加熱しても死滅しないセレウス菌、ウエルシュ菌、ボツリヌス菌と呼ばれる特殊な細菌があります。

 

例えばセレウス菌。米や野菜などに普通にいます。芽胞と呼ばれる状態では、100度で30分加熱しても、死なないで生きているんです。

 

なので朝起きてから、炊飯器の「お急ぎモード」で炊飯するのがおすすめです。

 

②炊飯時に殺菌効果のある物を混ぜる

 

具体的には、炊飯時に米酢や梅酢を混ぜて炊飯します。

米3合に小さじ1杯とか。味はつかなくて良いのです。

 

梅干しを炊飯時に1個いれるとかでも良いでしょう。

 

梅酢とは、梅干しを漬けた時に出る液体の事。

梅や赤紫蘇のエキス、塩分、クエン酸が含まれます。

クエン酸に殺菌効果があるんですよね。

 

 

 

炊飯時に入れ忘れたら、おにぎりを握るときの手酢に梅酢を使っても、防腐効果が期待できますよ。

 

 

③おにぎりを素手で触らない

 

手って、どれだけ強く洗ったり、消毒をしても雑菌が残っています。

弁当屋では鉄則ですが、食材に素手で触れるのはNGです。

 

飲食店で持ち帰り弁当を作る時。

右手に箸、左手は素手で盛り付けていたりしますよね。

あれ、絶対にダメですから。

 

なのでおにぎりは、エンボス手袋をして握る、ラップにご飯を入れてくるむように握るなどして、直接ご飯に触らないでくださいね。触ったところから菌が増えていきますから。

 

とある自称自然派ママさんが「おにぎりは素手で握るからこそ愛情が伝わる」「手の善玉菌が食材と絡み合って美味しさに変わり、食べた子が健康に育つ」とか言っていたのですね。

 

具体的にどんな善玉菌がいるのかは知りませんが、手には食中毒菌こそたくさんいるって知っていますか?笑 

 

ご自身の家庭内でだけやるのは、自己責任の上で自由です。

 

もしも情熱弁当が「素手で握った自然派(?)おにぎりを、不特定多数のお客さま向けに販売したい」といったら、保健所の営業許可は降りない話しですよ。

 

 

④おにぎりは、ご飯が冷めてから

 

熱いうちの握りたておにぎりは美味しいですよね。

それは、家庭内ですぐに食べるときだけ。

 

外へもっていく食事としてなら、扇風機の風に当てるなどして、ご飯を冷ましてから握ってください。具体的には20℃以下でしょうか。

 

熱いうちに握って容器に入れたりすると、こもった熱と出てきた水分で腐りやすくなります。

 

またおにぎりを包むのであれば、温度管理がし易い1個単位がおすすめです。

 

おにぎりと一緒に、保冷剤を入れた保冷バッグに入れて持たして下さったら完璧です。

 

 

⑤腐った食べ物の状態を家族で共有する

 

主題と外れるのですが、大切な話し。

 

おにぎりが意図せず傷んでしまったら、捨てるのをちょっと待って。

料理を普段作らないご家族に、一目見せてあげてほしいのです。

 

「ご飯が糸を引いていたら、食べちゃダメよ」

「こんな酸っぱい匂いがしたら、もう食べられないからね」

「表面を触ってねっとりしていたら、食べずに捨ててね」

 

通常、傷んだり腐った食事は、提供前に捨てますよね?

 

料理をいつもつくる人以外。「腐る」って案外知らない事実なのです。

 

食べてはいけない状態を具体的に知ってもらうことで、「食べられない判断基準」を育ててあげてほしいのです。これも食育ですよね。

 

 

というわけで、今日のテーマは「傷みにくいおにぎり」の作り方のお話しでした。

 

今年も暑そうです。

安全に乗り切っていきましょうね♪