ほんの少しだけ、弱者に優しさを持つ生き方 | 名古屋の宅配仕出し弁当屋~現代の食を見直す弁当屋のブログ~

名古屋の宅配仕出し弁当屋~現代の食を見直す弁当屋のブログ~

名古屋の宅配仕出し弁当屋『玄米と大自然の恵み 情熱弁当』のイケメン店主が書くブログです。
現代の「早い」「安い」「手軽な」食から原点に戻り、素材や出汁そのものの味を感じて頂ける料理を創っています。無添加冷凍惣菜通販サイトも運営しています。

 

おはようございます。

イケメンです。

 

こんなニュースがありました。

 

>>>「1人で歩くな」 全盲男性、点字ブロックで通行人とぶつかり白杖壊れ、蹴られる 八王子(Yahooニュース)

 

点字ブロックの上を歩いていた全盲の男性が通行人と正面からぶつかり、白杖(はくじょう)が壊れた。つえを拾おうとかがんだところ、男の声で「目が見えないのに1人で歩くな」と言われ、右足を蹴られたという。

 

 

目が見えるのに、前を注意して歩けないアホがいるもんですね。

今後一人で外を出歩くのは、ぜひやめて頂きたいと思います。

社会にとって不要なのは、障害者ではなく自分勝手な大人ですから。

 

 

 

小学校の時。

ある先生が、我々生徒達にこんな事を言っていました。

 

「体に関する悪口は、相手に言ってはいけないよ。本人のせいじゃないんだから。」

 

なんで体に大きなアザがあるの?

女の子なのに(皮膚の色が)地黒だよね。

女の子なのに身長が大きいよね?

 

言われた方も困ります。

子どもながらに傷つきます。

 

人と見かけが違う事はいけないの?

それは、本人にとってただの個性なのに。

 

 

 

いい歳の大人で、こんな人を言う人がいるとします。

 

太っている人に「デブ」

髪の毛が薄い人に「ハゲ」。

 

あなたは、こんな事を面と向かって相手に言う人と、仲良くなりたいと思いますか?多くの人はNOと言うでしょう。

 

なぜかって?

「言われた相手の気持ちを、考えられない無神経な大人だから」です。

 

 

 

障害者は、多くの人にとって関係無い事?

 

人間は悲しいかな、自分に経験のない事に関して、興味も関心も持てません。実感もわきません。

 

駅前の放置自転車だって、そこを通りたい少数の障害者の事よりも、毎日通勤する自転車置場を確保する方がよほど大事、と感じるから置くわけです。

 

 

時折登場する、4年ほど前に亡くなった母の話し。

 

重度の糖尿病で、約10年間の内に

右足膝下20センチを切断→左足膝上20センチを切断→両目が失明

と、健常者から障害者になりました。

 

足が1本残っていれば義足を装着して歩く事もできるのですが、2本切断すると自力で立つのは難しい。おまけに、目が全く見えないと一人で外へ出るのは不可能です。

 

自宅の玄関は2階で階段の上り下りがあるため、ボクが母をおぶって階下におろして車に乗せ、病院へ連れていきました。移動は車椅子なのですが、どうしても近隣の人の目に触れます。

 

「あらいやだ、原田さんのお母さん、足が無いのよ。」

 

こちらを指差し、そんな話しを小声でコソコソされるのを聞いて、ボクは嫌な思いしかありませんでしたね。

 

『誰だって不慮の事故や病気で、障害者になる確率はゼロではない。』

 

 

勘違いされる事が多いのですが、身体的ハンディキャップを持つ人たちは、健常者に対して、特別扱いを求めているのではありません。特別気を使ってくれとか、自分の代わりに全部やってくれという人も、ボクが知る限りは少ないです。

 

事実、多くの障害者は「普通にして接して欲しい」と思う人がほどんどです。普通の難しさやありがたさを、いろんな意味で知っているから。

 

ただ、「困っていたときには、少しだけ手を貸してほしい」とは思っています。口にはなかなか出せないけど、その安心感こそがありがたいのです。

 

 

冒頭の記事では、壊れたつえの部品を拾ってくれた人、助けたり声をかけてくれた人の事。こういった人たちの存在こそが、普通に社会の一員として生活したい障害者の精神的後押しになるのですな。

 

 

以前、このブログで「障害者」という表記である記事を書いたところ、なぜ「障碍」や「障がい」と書かないのかと、コメント欄で執拗に噛み付いてくる人がいました。

 

そんな言葉狩りをしてる暇があったら、自分の言葉でブログなりなんなりで意思表示をし、力は小さくとも世の中を変える事に注力して頂きたいですね。ボクがこうして書いているように。

 

 

大切なのは、困っている人を自分のできる範囲で助けて、皆が笑顔で暮らせたらいいよね、という気持ちを持つ人が増える事。

 

男も女も、

大人も子どもも、

障害者も健常者も、

単なる言葉の上での分類であり、人間としての個性の違いとも言えるでしょう。

 


ヘレン・ケラーは言いました。
「障害は、不便ではあるが不幸ではない」

そう信じて、不便と戦う人が多くいます。

一緒に過ごさざるを得ない体のハンディーキャップと共に、人生を送っている人がいます。

 

 

身の回りで困っている人がいたら、ほんの少しだけあなたの時間を使って、優しさのおすそ分けをしてあげてくださいね。優しさは、巡り巡っていつかあなたに帰ってきますから。

 

 

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

 

●本日以降の店休日(増減の可能性あり)
情熱弁当の宅配弁当は不定休です。最新のブログ記事末尾をご覧ください。

不在時のお電話は、留守電にメッセージ録音をお願いします。
7月12日、21日、28日

8月12日、18日、24日、28日

●情熱弁当のイベント情報やイベント時のお弁当取り置きはLINE@から


●ネットで注文、真空冷凍の個別包装でお届け。
無添加惣菜を、個別パックの真空冷凍で全国にお届けします。
選ぶのが楽しくなるお惣菜が100種類。
詳しくはコチラから。

【イベント&出店情報】

●【7月12日】「ミーツオーガニックマーケット」@東別院

 東別院境内の、桜の木広場にて開催されます。 

「ヒト・食卓・暮らしがオーガニックで結びつくマーケット」がテーマ。
  詳しくはコチラから。

●【7月19日昼】無添加惣菜販売会@情熱弁当

情熱弁当の店頭で、無添加惣菜を販売します。

住宅街のど真ん中ですが、ぜひ遊びにいらしてくださいね。

無料駐車場1台分あり。

詳しくはコチラから。

 

●【7月19日夕】無添加惣菜販売会@あさひ屋さま

店主が自ら農家を回って受け取る、こだわりの八百屋さん。

軒下をお借りして、無添加惣菜の販売をさせていただきます。

当日のメニューは、あさひ屋さんの野菜が盛りだくさん。

無料駐車場が1台あります!

詳しくはコチラから。

●【7月21日】「噂のビーガンランチ」@日進市あい工房

毎回、常連さんで賑わう「なごやかマルシェ」。

会場併設のカフェでワンデイシェフを開催させていただきます。

今回は夏らしく野菜たっぷりの冷やしうどんをご用意します。
詳しくはコチラから。
 

●【7月28日】「東別院てづくり朝市」
東海地方最大の市へようこそ。

手づくりフードやクラフトなど、さまざまな人気店が約200店舗。

情熱弁当では、当日の限定メニューの他

家庭でのお食事だ楽しくなる調味料などをご用意しています。

詳しくはコチラから。

 

●【8月18日】土の子農園見学ツアー開催

覚王山情熱マルシェやミーツオーガニックマーケットでお馴染みの

農家さん。岐阜県東白川市の畑にお邪魔して、畑で楽しく過ごします。

夏休み中のお子さんもぜひ一緒にどうぞ。

詳しくはコチラから。


●【8月24日】覚王山情熱マルシェVol.4

料理と人と場所の化学反応を楽しみましょう!

近日中に出店者募集をさせていただきます。

☆次回の出店募集開始時に、Eメールでお知らせします。

(登録無料・コチラからご登録を)

 

 

仕出し弁当の宅配・配達なら名古屋の「情熱弁当」がお届け!
国産食材や発芽玄米、無添加・オーガニック野菜・高齢者向け

 

西日本産中心に、国産食材使用率90%以上

 

※画像をクリックすると、ホームページにジャンプします!

 

無添加惣菜の通販サイト無料メルマガ

 

連絡先:052-764-6690 / メール:info☆jyounetsu.info(☆を@に)
ホームページ:「玄米と大自然の恵み 情熱弁当」
店舗所在地:〒466-0821 愛知県名古屋市昭和区前山町1-17-8
営業時間:11:00~18:00(ご予約は配達希望前日夕方5時まで)

 

無料メールマガジン「情熱イケメン弁当屋の知恵袋」
~食を愉しむ小ネタ・ヒント・便利ワザ~ 毎月第2第4金曜発行
おかげさまで、ご家庭ですぐに役立つ濃い内容が読者に好評です!