水戸戦 | 藤本主税オフィシャルブログ『主税日記』Powered by Ameba
2013年09月22日(日)

水戸戦

テーマ:ブログ
うーん…捉え方に悩む内容&結果だった。

前半は風下で、実際にどこまで強風だったのかは分からないが、相手のプレスも強かったこともあり、ロングボールが多かった。前線の3人のバランスも良くなくて、片方に3人が寄ってしまったり、守備の時も、前線に残るなら残るで、休みなのではなく、次のカウンターに備えたポジションを取るなどしなければいけなかった。

守備では、相手が予想していた3-5-2ではなく、4-4-2のシステムを使ってきていて、相手の攻撃的MFが掴みきれなかった。熊本のボランチの脇でポジショニングされたので、熊本のウイングバックがマークするのか、ボランチがマークするのか、ハッキリしなくて、そこで起点を作られることが多々あった。あとは、鈴木選手の強さに対応しきれなかったのも、苦しい戦いになってしまった要因だと思う。

後半になって、風上に立ったとはいえ、それを感じないほど、相手のハイプレスに対応できなかった。とにかく、いるべき場所に人がいない状況があり、攻守においてバランスがおかしかった。あと、ウイングバックをもう少し高い位置に持っていきたかった。センターバックの指示で、ウイングバックを相手のサイドバックまで押し上げ、ディフェンスラインを早く横ズレすることで、そのスペースをカバーする。特に後半は相手のFWや攻撃的MFがサイドに流れることが多かったので、そこで混乱があったのか…相手に優位性を作られる場面があった。ウイングバックが前に出れないと、相手のサイドバックが高い位置に来た時に、3トップの誰ががマークせざるを得なくなる。当然ラインも下がり、カウンターへの備えも出来ない。その悪循環が蓄積され、いろんな部分に問題が起きてしまったのかなと思う。

あまり良い点は浮かばないが、風の影響が大きかったと思えば、なんとか勝ち点1を拾ったことを肯定的に捉えることができる。

試合は続く。厳しいようだが、正直チームとしての課題や反省点というより、「個」の部分。今日の試合では特にそれを強く感じた。それぞれがしっかりと反省して次に繋げる作業をしなければ、同じミスを繰り返すことになってしまう。

これからは一つも落とせない戦いが待っている。チームとしての作業だけだはなく、個々の自覚と責任も合わせて、選手は隙を見せないように、真摯に取り組んでいかなければいけない。

とにかく勝ち点1は積み上げることができた。ポジティブな要素を前向きに受け入れ、次に向けてまた準備していきたい。

遠く水戸まで足を運んでくれたサポーターの皆さん、本当にありがとうございました!

藤本 主税さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース