脱力と整理整頓との関係 | 音と心のゆるみトレーナー  水谷 ちかこ

音と心のゆるみトレーナー  水谷 ちかこ

心も体もゆるんで楽にピアノを弾くお手伝いをしています!


テーマ:
自分らしい弾き方を見つけることって
 
 
何もない空っぽの部屋に
 
自分の生活スタイルに合った物を考えて
取り入れることに似ているのですね・・・
 
 
おっしゃったのは
 
腕まくりワークショップ 第15弾
 
にご参加された方の
 
最後の一言
 
おお。。。。。
 
その言葉を聞いた途端
 
私の脳裏に
自分の雑多な部屋が浮かんだことは
 
ちょっと置いといて(笑)
 
 
確かにその通りだと思いました。
 
 
どうして
その方の想像力がそこにに至ったかと言いますと・・・・
 
 
 
 
 
 
脱力をするということは
 
『余計な力を抜くこと』
 
みなさんわかっていますが
 
 
 
実際には
 
 
いつ 力が入るのか
 
どこに 力が入っているのか
 
何 をすると弾きにくいと感じるのか
 
なぜ 力が入るのか
 
どのようにすれば 力が抜けるのか
 
といった
5Wならぬ
 
4W1H
を考えていかなければならないのです。
 
 
 
そして
 
大事なことは
 
それはお一人お一人違うということ
 
 
 
そこで
それぞれの手がどういう状態なのか
 
親指の開きとつき方を探ってみたり
 
 
 
腕の伸筋や屈筋の長さを比べてみたり
 
 
腕が猿手かどうか・・・?
 
 
 
などなど
 
自分に備わった手や腕を確認しつつ
 
それぞれに合った弾き方を提案させていただきました。
 
 
 
 
 
ジツは
 
脱力をすると言うことは
 
色々身につけていることを
一つ一つ
 
削ぎ落とす作業でもあるのです。
 
 
いつの間にかついてしまっているクセ
無駄な動き
 
指を一本一本動かして
 
どこを使うのか、
または、どこを使わないのか
 
その余計な荷物を
全部一度下ろして
 
いったんゼロに戻す
 
それができたら
 
今度は
 
必要な筋肉を
使う
鍛える
強くする
 
という
プラスの作業に転じます。
 
 
 
とそんな流れからからの
 
冒頭の発言
 
 
いやまさに
 
一度
自分の持っているものを全て外に出してから
 
本当に自分に必要なものを吟味して取り入れる
 
部屋の整理整頓
 
 
似た作業ですね・・ww
 
 
 
今回で参加が3回目という方は
 
まさに
 
これからどこを意識してどこの筋肉を鍛えて
練習したら良いかという
 
プラスのお話をさせていただき
 
な〜るほど
 
とご納得されたご様子
 
 
やはり
一度でも力を抜く感覚を覚えた方は
 
ご本人が忘れたと思っていても
身体のどこかが覚えていて
 
ちゃーんと
ラクな方向へと向いていくんだなぁと
 
改めて思いました。
 
 
 
ご参加くださったみなさま
 
ありがとうございました。
 
 
 
 
 
 
さて、今年のワークショップは
今回で終わりです。
 
まだ
 
来年の予定は未定ですが
 
決まり次第お知らせいたします。
 
 
本日も最後までありがとうございました。
 

<セミナー・コンサート情報>

 

<CD>

ソプラノ小松原利枝 ピアノ 水谷稚佳子

 

One Hug for you

 

スリーブケースにサイン付き 送料無料

 

こちらから視聴もできます

 

期間限定 特設会場

_______________________

音譜インスタグラムやってます!

 

<親指なしのハノン>

 

音譜ミュッセより好評発売中

 

音譜「親指なしのハノン」サンプルPDF プレゼント

 

音符『親指なしのハノン』併用曲集

 

『おしゃべりな8本指』

 ご購入はこちら

 

__________________________

<魔法のリストボード>

魔法のリストボード好評発売

魔法のリストボード冊子PDF プレゼント

ピアノが楽に弾けるための10のヒントPDF プレゼント

魔法のリストボード使い方動画 こちら

無料メルマガ フィンガートレーナーの

 ピアノが弾きやすくなるちょっとしたコツ

ご登録はこちら

ニュースレター ご登録はこちら
お問い合わせはこちら

 

にほんブログ村

 

 
 
 
 
 

 

音と心のゆるみトレーナー 水谷ちかこさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス