昨日の記事で少し触れましたが、

僕らのジュニアチームに、昨年から小学生が体験、あるいは入団してきています。

 

今も、数名体験などで来ていて

今日も2人。

 

とても上手で、将来性を感じます。

やはりゴールデンエイジと呼ばれる年代だけあって

身につくのも早いように思います。

 

さて、僕自身ミニバスからバスケットボールをやってきています。

9歳からでした。

中学に入り、305cmの高さのリングに、6号ボールとなります。

※当時は中学男子は6号ボールでした。

 

ボールのサイズとリングの高さが変わりました。

 

さて、これが早期からバスケットボール、となった場合

上記の「変わる」部分がなくなります。

 

個人的にはいいと思っています。

 

ボールが重く飛ばないなどあるかもしれないのですが

逆に体を合理的に使って投げたりするようになることも期待できます。

 

一方で、ミニバスから始めることのメリットも当然あります。

段階的に高さが上がり、ボールが重く、大きくなる

成長に合わせてバスケットボールに進んでいける、という部分もあると思うんですね。

 

ただやはり総合的に観て

そして自身の経験なども踏まえると、小学校世代からのバスケットボール

私見とはなりますが、選手個人の将来的にはいいかな、と感じる部分があります。

 

もっとも今はいろいろな意味で「選ぶ」権利もでてきている近年、

プレーヤーにあった選択をしてほしいと思います。

 

それはさておき、

今日体験にきた将来有望な2人、難しいことは考えず気軽に練習に来てほしいな、

など思っています(^^)

 

 

良い記事だと思ったら下のランキングバナーにクリックお願いします(^_^)
人気ブログランキングへ