優曇華の花 | chika(^^)ブログ

chika(^^)ブログ

日々のあれこれ、大好きなアクション映画のこと、たま~にSOPHIAのことなど好きに書いてます。

今まで聞いたこともなかった「優曇華(うどんげ)の花」。

 

ある日家族が、かなり昔の話だけど、なんちゃらの花が咲くと、その家に凶事を招くっていわれてた花なのかなんなのかがあって、なんちゃらが思い出せない。知ってる?と言われた。

見たわけでもないのに、なんで急に思い出したんだえー

 

結局、自力で思い出したのが、優曇華の花。

調べてみると、色々なゆわれがあるようで、、、

例えば、インドの想像上の植物。正式名称は優曇波羅華(うどんはらげ)。三千年に一度その花の咲くときは、転輪聖王(立派な王様)が出現するといわれているとか、あとは、クサカゲロウの卵(虫の卵)。

多分、虫の卵が正解なんだろうな。

 

花言葉もあって、「滅多にないこと」とこれもまた吉とも凶ともとれるものだな汗

 

かたや吉事が起こる目安となり、かたや凶事が起きる目安と真逆すぎる意味を持つ優曇華の花、、、興味深い・・・見たいような、見たくないようなぷぷッ(笑)

 

ペタしてね