国際結婚、私の失敗談 Moj promašaj | もっと近いクロアチアDAYS -Bliski Susreti-

もっと近いクロアチアDAYS -Bliski Susreti-

Happy Croatia Project 主宰 Flowers=Life.Coodinator
chika modrušanオフィシャルブログ

日本人とクロアチア人カップルが愉快で楽しい毎日“ハッピークロアチア”をお届けしています!


テーマ:

それは、クリスマス休暇中の区役所でものの30秒で判明した、私の失敗談。


クロアチアで結婚を届け出た当時、複合名ではなかったので名前を変更しなければと今回は事前にアポスティーユの申請 を行いました。私は準備万端のつもりでしたが一旦クロアチアで入籍を届け出ると複合名に変更したからと言って名前の書き換え変更はできないとのこと。


「最初に届け出た書類がどうして複合名でなかったの?」と逆に質問されてしまいました・・・


結婚したから氏の変更申し立てが可能になり手続きが出来たのに最初から複合名で書類を準備しなさいだなんて。そ、そんな~!

結婚した当初は複合名にするつもりもなくむしろ名義変更など面倒くさい手順が必要ないことが心地よかった私。


何だか日本とクロアチアのルールがチグハグしている気もしますが・・・

氏の変更届をする予定のある方、クロアチアでの結婚手続きは複合名になさってからの方がいいと思います。

日本で氏の変更をしてからクロアチアでも変更ができるのだと思っていた私が愚かでした。順序通りの日本式が全く通用せず、日本のルールをクロアチアに持って行ってしまった自分を深く反省しました。アポスティーユまで手配しましたが、何と何の役にも立たなかったのです。少しがっかりしましたが、経験しなければ分からないこと。今後ご予定ある方が同じ失敗をしないようにと思います。


後日、入籍届け時のファイルを見直すとクロアチアの区役所の方のメモが残っていました。


NE TRAŽITI APOSTILLE(アポスティーユの必要なし!)


クロアチアの区役所で複合名に変更ができないと知り、すぐに思い出したのは在クロアチア日本大使館が入籍地を間違って記載してしまった「Kyoto」これも二度と直せないという事実。未だに一番がっかりです。


もっと近いクロアチアDays -Bliski Susreti--ambasada

 

 クロアチアでの手続き>>国際結婚手続き(クロアチア編)

 日本での手続き>>国際結婚手続き(日本編)


大使のサイン、クロアチア外務省のハンコが押されてしまったものが区役所に届けられたのでまさかこれが間違いだと疑う人はいませんよね。

あの時、私の帰国が迫り、少しバタバタしていたもののやはり正しい書類を発行し直してもらうべきだったと今更ながらに後悔しています。名前はもういいのでKyotoだけでもどうにかならないものかと。


私の失敗と言うより、大使館の失敗の方が心残りで・・・悔しいです。


複合名にするご予定のある方は日本ですべての手続きが完了してからクロアチアで入籍を届けることをお勧めします。日本で入籍した日に遡って書類(VIENČANI LIST)が作成されますのでどうぞご安心ください。


14(ČETRNAESTI) VELJAČE 2010 KYOTO, JAPAN・・・


chika modrušan

chika modrusanさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス