奇跡の一枚 Nevjerojatno... | もっと近いクロアチアDAYS -Bliski Susreti-

もっと近いクロアチアDAYS -Bliski Susreti-

Happy Croatia Project 主宰 Flowers=Life.Coodinator
chika modrušanオフィシャルブログ

日本人とクロアチア人カップルが愉快で楽しい毎日“ハッピークロアチア”をお届けしています!


テーマ:

先日、活版印刷のactivityに参加しました。


とあることがきっかけとなり、絶妙なタイミングで半ば偶然に参加が決定した思わぬ巡り合せでした。


昔ながらの印刷機に実際に触れながら、現代人としての息を吹き込むかのようなその過程はすべてが新鮮でした。


-活版を使いポストカードをデザインすることに-


日本人とクロアチア人の我が家の生活を象徴するデザインを考えました。

富士山と日本の太陽、沈む先の四角いクロアチア。半分の太陽がクロアチアを照らしているイメージです。


もっと近いクロアチアDays -Bliski Susreti--Nevjerojatno1


インクは黄金の国ジパングの“ゴールド”を迷わず選択。

実は2刷り目として別のデザインを考え活版を準備していたのですが、練習として上下に刷ったデザインが私には斬新に見えて偶然で出来上がったデザインです。

名前のAを逆にしたのは私の遊び心ですが、文字のスタートであるAをポイントにしたことで“常に初心に帰ることを忘れない”という気持ちを込めました。


もっと近いクロアチアDays -Bliski Susreti--Nevjerojatno2


そして、2刷り目で逆さになったAを一つ正しく戻したのは私なりの細かなこだわりです。


さて、この日はカード以外にコースターを作ったのですが、ここで奇跡が起こりました。何と偶然にもぴったり線が重なり合っているではないですか!


もっと近いクロアチアDays -Bliski Susreti--Nevjerojatno3


デザインに文字が重なってしまったことに失敗だと思い込みかけましたが、ぴったりと正確に上下のラインが真ん中で一致していることに驚愕!!指摘されるまで失敗作の気持ちに沈みつつありました。


計算したとしても起こり得ないことが、私の適当さに偶然が相重なり「奇跡の一枚」となったのです。

きっと、宝くじが当たったらこんな風に喜ぶのかな・・・この感覚は一生忘れないと思います。

私は仕事柄、輝く素敵な方に出会う恵まれた環境です。ですが、そんな毎日でも味わえない感動がありました。今後は立派なフレームに入れて、いつでもこの喜びを噛みしめられるようにしたいと決めました。


このタイミングで起こった偶然と奇跡。神様が私の第六感に囁きかけているのでしょうか、今一度自分の人生じっくり考える時なのかもしれません。


今回のactivityで体験したことは、現在の大量印刷とは違い、インクのつき具合や力加減、一枚一枚のカードの配置まで気を配っても決して一つとして同じものが出来上がらない代物です。その偶然さを噛みしめながら慣れない手つきで昔ながらの機械の持つ良さと温かさに触れた一日となりました。


風は少しずつ冷たくなってきましたがそんな日に久々の興奮と達成感で胸が温かく、何を思ったか少し遠回りをして帰ってきました。


この奇跡のストーリーをダーリンに話すも、ヨーロッパだから活版印刷はお馴染みなのか、そしてかつての仕事柄デザインに長けた方ゆえにごく普通に頷いてくれていました。話すまでもなかったようです。



~奇跡の一枚を前に今、思うこと~奇跡を信じることは大切ですね。


とても素敵なご夫婦の情熱で運営されている印刷スタジオです。

この昔ながらの印刷機の温かさを感じるために新潟や京都、海外からも訪れる方がいらっしゃることも頷けます。次回は必ず、夫婦で参加したいと思います。


Hvala bogu ! Vidimo se sutra...


chika modrušan



+++


PLY.
\ our selfservice  www.pppply.com

+++



chika modrusanさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス