ドローイン

テーマ:
 
 
 
こんにちはニコニコ
 
 
 
 
 
 
産褥期は大体6~8週とされていて、
その期間で妊娠前の身体に戻るそうです。
 
 
 
 
戻るかーいっ
 
 
 
 
見た目じゃないですよね。
中身が戻るんですよね。
 
すみません取り乱しましたww
 
 
 
 
 
さてさて、
産褥期も終盤で、運動内容を少しずつ変えています。
 
 
 
 
産褥期だけでなく、深呼吸を意識して行うことはインナーマッスルを伸び縮みさせて動かすことができるので重要です!!
 
 
 
 
特に妊娠・出産によって体幹の筋肉は弱った状態なので、
産後の深呼吸は身体の回復を早めるのに効果的です。
 
 
 
↑の記事で書いた呼吸は主に吸う時に膨らませる場所を意識していきます。
 
 


 
 
そこからさらに腹横筋を動かすことを意識した呼吸を2週間ほど前(産後4週頃)から行っています。
 
 
 
 
腹横筋はお腹の中の方についている筋肉で、
天然のコルセットと言われている筋肉なので、

腹横筋がしっかり働いていればウエストが引き締まってきます。
(引き締まっていない状態の私が言っても説得力がないですかね・・・ww)
 
 

さらに、姿勢がよくなったり、歩幅が広くなったり、腰痛・膝痛が改善されたり・・・・・・・・・
腹横筋が鍛えられると体幹が安定しやすくなるので
様々な効果が得られます。
 
 
 
 
と、このへんはざっくりといくので詳しくはググってください(雑ww)
 
 
 
 
ドローインというトレーニングで、腹横筋を有効に働かせることができます。
 
 
腹横筋って、すごく重要な筋肉のわりに、
鍛え方すごく地味なので、
個人的には好きじゃないトレーニングの部類ですが、
今必要なトレーニングなので渋々やっています。←ww
 
 
 
 
 
で、
その地味なトレーニングがここから
↓↓↓↓
 
 

 
 
基本的に腹式呼吸の延長です。
息を吐く方をしっかりと意識します。
 
 
 
 
仰向けで膝を立てた姿勢で行います。
この時、
骨盤の出っ張っている部分の内側に
指をひっかけるよう差し込んでおくと、
腹横筋が働いたのがわかりやすいです。
 
 
 
 
正面から見るとこの部分です。
(おへそ真ん丸もやもや
 
 
 
 
仰向けのまま
お腹を膨らませるように息を吸います。
 
 
 
 

なるべく口から細く長く
「ふ~・・・・・・・・」
と息を吐いていきます。
細く長く細く長く・・・・・・・・・
息がもう吐けないところまで細く長く吐き続けます。
 
 
 

すると、
息を吐ききる手前で、
指を差し込んでいた部分が盛り上がってきて指が押し出されるような感じがします。



 
 
盛り上がっている状態を少しキープしたら、
また息を吸って・・・・・・
 
 
 
と、繰り返しますニコニコ
 
 
 
 
 
 
真横から見たところ
腰、背中をぴったりと床にくっつけます。
 
 
 
 

正しいところに手を置いているはずなのに、
息を吐ききったところでまったく盛り上がってこないムキー
 
 
 
 
という場合は、
腰が反って
↓の写真のピンクの部分が浮いている可能性があります。
 
 
 
 
 
どうしても指をさしこむイメージがつかめない場合、、、
 
 
 


おへそのラインで腰に手を当てた状態で、
息を吸って・・・・・
 
 
 

ウエストを絞るイメージでおへそに向かって手を集めながら
息を細く長く吐いていく・・・
という方法でもわかりやすいです。
(写真がわかりにくくてすみません。。。)
 
 

ただ、この場合は腹横筋だけでなく
その上についている筋肉にも力が入りやすいので、
注意が必要です。
 
 
外側の筋肉も一緒に鍛えたいときにはおすすめ。
 
 
 
 
 



仰向けの運動って、
「運動するぞっ!」
と気合いを入れる必要がある気がして苦手なんです私えー




今は育児、家事のすきまにちょこっとやれる運動が好きですねー

 
 


でも、腹横筋は土台というか、
身体の芯を安定させる基本の筋肉だと思うので、
寝る前とか、
夜中の授乳後とかにちょろっと思い出して行っています。





産後初めてドローインをした翌日、
お腹の奥の方が筋肉痛でしたアセアセ







落ちきった体幹の筋肉を少しずつ鍛えていきたいなと思います!!






今後の経過に良い変化があらわらますようにっ!!






猫しっぽ Cheeske 猫あたま星