チイク - 知育協会 公式ブログ -2ページ目

チイク - 知育協会 公式ブログ

知育協会公式のブログです。主に知育や子育てに役立つ情報を発信しています。


テーマ:
【-健やかな子どもを育てたい-お母さんのための色彩心理】その⑤

~お母さんのためのストレス解消法~



こんにちは。関口智恵(せきぐち ともえ)です。

子どもが生まれて変わったことのひとつ、
それは、何をするにしても「時間」は「倍以上」かかるということです。

たとえば、自宅から最寄り駅まで、徒歩10分です。
・・・ところが、(3歳頃までは)子どもと一緒に歩く時は、30分は、かかります。
まだ小さいときは仕方がありません。

あと、外出するときの「用意」も、
自分の支度 プラス 子どもの外出するときの支度、
ぱっ、ぱっ、ぱっ と、気軽に外出することはできません。

最寄り駅につく前に「ママ~トイレ~~」など
駅につくまでに、既に疲れています。

デパートなど、行こうものなら、
その「目的地」まで、なかなか、たどりつくことができません。

まさに「スローライフ」です(苦笑)

 ---------------------------------
 ●お母さんのためのストレス解消法 
 ---------------------------------

子どもを生む前は、「育児ノイローゼ」という言葉を耳にしても
「なーーんで? かわいいいわが子を育てるのに、
ノイローゼになるんだろうか」と単純にそう思っていました。

また「育児が大変」ということも、あまりピンとこないというか、
何がそんなに大変なのか、実感として、わからなかったのが、正直なところです。

でも、出産後、子育てをして、
「あーー、わかる、わかる。育児ノイローゼにも、なるわよね。」と
思うこともありました。(長男を生んだ後の3ケ月間が一番大変でした)

関口家は自営業なので、私も夫も同じように働いたり、育児したり、家事したりと
分担しながらやっていますので、長時間1人で育児をすることが少ないです。

でも、これが、旦那さまが会社員で、毎日夜遅く帰ってきて、
土日、ほんの少ししか育児を手伝ってくれない状況が、
ずっーーと続いたとしたら…

かなり、つらいと思います。

近くの地区センターであうママやママサークルなどで、
ママ友達に気があう人がいればいいですが、
いまいちなじめなかったりすると、もっとつらいです。

それでも、それでも、旦那さまが、いろんな話を聞いてくれて、
いたわってくれて、優しくしてくれる人だったら、救われます。
それだけで、「明日もがんばろう!」と思えますが、

全く、そんな人ではない場合、もぉーー、そりゃあーー、つらすぎてつらすぎて
涙も放出するでしょう。

また、育児ノイローゼ気味になられる方で、
独身時代に仕事をバリバリされていた方が、意外と多いようです。
仕事もできて、プライベートも充実していて、
自分のおもいどおりの人生を歩んできた方が、なんででしょう?

それは、たぶん、「自分のおもいどおりにならない」子育ての現実に
直面するから、ではないかと私は思います。

子どもは、あなたの子どもではありますが、あなたの所有物ではありません。

小さいながらに自分の「意思」があります。

まだ赤ちゃんの場合は、おなかがすいたといっては、泣き、
オムツが冷たいときに、泣き
抱っこして欲しいときに、泣き
寂しいといっては、泣き

でも、必ずそこには、理由があります。

「赤ちゃんは泣くのが、仕事」とは、よく言ったものですよね。

長男の子育てをしている最中に、
赤ちゃんをみながら、「人は愛がないと生きていけないんだなー」と
しみじみ思ったものです。

寂しいと、泣くんですよね。赤ちゃんは。

でも、大人は、泣けません。
ここが、大人のつらいところです。

「つらい」「寂しい」「助けて」と言って、泣くことができたら、
それは、ストレスとして、蓄積されにくいですが、
我慢してしまうことによって、心と身体にたくさんのストレスが蓄積されます。
そのストレスは、確実に心と身体に影響を及ぼしますので、
その都度、「浄化」することが大切なんです。


浄化の方法を、3つご紹介します。

1.画用紙にクレヨンで、色を塗る

⇒子どもが3歳~小学生であれば、「絵をかこう」と言って、
 一緒にお絵かきすると、いいですね。

 これは「カタルシス効果」(浄化作用)といって、
 言葉にできない気持ちや感情を色のチカラによって
 浄化する方法です。

 今、はやりの「大人の塗り絵」でもいいですね。
 
 とりあえず、「ためこむ」のが、一番よくないことなんです。

 だから、友達とのおしゃべりでも、いいんです。
 「外にだす」ことが大切です。


2.キュアカラーブリージング

⇒「キュアカラーブリージング」とは、
 色をイメージして、
 色のエネルギーを吸う、呼吸法です。

 イライラしたり、切なくなったり、つらくなったとき、
 淡いピンク色をイメージして、
 深く深呼吸をしてみましょう。

  (どんなピンク色でもいいです。
  あなた好みのピンク色をイメージしてください)  

 吐く息とともに、つらい気持ちや怒りを吐き出し、
 吸う息とともに、
 ピンクの、優しいエネルギーに、包まれているイメージで
 深呼吸を繰り返します。

 ちなみに、ピンクのカラーブリージングは、
 若返りにも効果があると
 いわれています☆


3.とにかく泣ける映画をみる

⇒泣くことで、浄化されます。
 泣けない方は、心の奥底に、涙がたまっています。

  (ただし、「ほたるの墓」のような、みおわったあと、
  何の救いもなく、本当につらい気持ちになるような映画は、
  微妙ですが・・・。)


それぞれカンタンにできるので、ぜひ日常生活で試してみてください☆






------------------


知育協会理事
関口 智恵

$チイク - 知育協会 公式ブログ

色彩心理(カラーヒーリング)を軸としたメンタルと知育に関する研究を担当

株)キュア・カラー 代表取締役
社)日本カラーヒーリング協会理事長

 広告代理店勤務時代、松任谷由実・工藤静香・CHAGE&ASKA・SMAPなど、500人以上のアーティストの広告宣伝、プロモーションを担当。1998年にはSMAPのアルバム「SMAP 012 VIVA AMIGOS!」 のプロモーションとして、業界で先駆けとなるラッピングバスを走らせるなど、その戦略手腕は注目を浴びる。

 かねてから学んでいた色彩学、心理学などを活かすため、癒し・色をテーマにした「キュア・カラー」を1999年に設立。個人を対象としたカラーヒーリング、心理カウンセリングを実施するほか、設立当初から各業界大手企業からの依頼がひきもきらず、色彩はもとより、前職経験を活かした企業のブランドづくりのコンサルティング、商品開発、監修などを多数行なっている。
 テレビ番組では、 色彩プロデューサー・監修として番組制作に参加するほか、自身が出演し、映画の色使いや環境色彩、流行色の分析についてのコメントや、共演者に(ビートたけし、所ジョージ、少年隊の東山紀之、酒井法子、TOKIO、佐藤隆太、久本雅美、ベッキーetc.敬 称略)カラーセラピーを行う。独特の語り口や、メディアからの要望を瞬時に察する能力が支持され、起業して以来、テレビ、ラジオ、雑誌など150以上のメディアに取り上げられ続けている。

 2004年から、色彩心理やカラーセラピーを仕事やライフワークに活かしたい方向けにカラーヒーリング講座を実施。その後、一般社団法人日本カラーヒーリング協会を設立。「予防医学のためのカラーヒーリング」と「色をとおした生涯学習の推進」をテーマに活動。カラーヒーリング・アドバイザー、認定インストラクター資格制度を立ち上げ、色彩心理の専門家育成、輩出に携わる。色をとおして「自分を知る、浄化、癒し、未来を創造する」ことができる内容にも定評がある。現在は、社会、教育、医療現場でのカラーヒーリング(色彩心理)の定着を促進し、2人の子どもをもつ母としても未来の子どもたちが希望をもって生きられる社会の創造を目指している。

著書「心の三原色」



知育協会facebookページはこちら :
https://www.facebook.com/chiiku.kyokai

テーマ:
こんにちは、理事の渡邉です。

赤ちゃんを出産してお母さんになると自然に母性が強くなる。そしてこれは本能だからと思っていませんか?
実は、赤ちゃんを産んだからっていきなり母親スイッチがonに切り替わるわけではありません。

赤ちゃんが可愛く思えない。虐待しそうで怖い。赤ちゃんがいると美容院にいけない。赤ちゃんを何よりも率先して優先して考えることができない自分はダメな母親だ。自分は母性がふつうではないのか、と悩んでいませんか?

私もそのように感じたことがありました。
私は産婦人科医として出産前日まで、毎日妊婦さんを診察していましたが、医者として出産に立ち会うのと、自分が出産するのとでは当たり前ですが、まるでかってが違っていました。

私は第一子を骨盤が狭すぎたため帝王切開で出産しました。また、通常の帝王切開では腰椎麻酔でお母さんの意識があるまま赤ちゃんをとりあげるのですが、背骨の病気のため腰椎麻酔がうけられず全身麻酔下での帝王切開で出産となりました。

出産後、意識が回復すると助産師さんがすぐに赤ちゃんをつれてきてくれました。
ドキドキしながら、まず最初にどんな言葉を赤ちゃんにかけてあげようかとベットで期待をふくらませて待ちました。この10ヶ月、どんな子なのかなと首を長くして待ち続けたその時がもうすぐ目の前まできているのです。
いよいよ感動の対面!

「 ん? なんだこの猿みたいな生き物は・・・」

全身麻酔下で意識のないまま出産したせいか、私は赤ちゃんに対面してもお母さんになった実感がわきませんでした。
自分の子であるかどうかで悩み、手術に立ち会っていた主人に自分の子で間違いないかを確認しました。また、初乳は赤ちゃんにできるだけ飲ませてあげたいものですが、最初の2日くらいはおっぱいをあげている自分を客観的に見ている自分がいて、とても違和感を感じたものです。
私はその時自分は母性が普通の人よりも少ないのかもしれないと感じました。

出産して○○ちゃんのお母さん、と呼ばれることにとても違和感を感じ、これから先ずっと一緒に生活をすることとちゃんと育てられるかに不安を覚えたのでした。


思春期以降の女性は基本的に『女性脳』で生きています。

関心の優先順位が先ず自分で、視床下部(ししょうかぶ)と呼ばれる本能に関わる脳の動きが活発です。視床下部では、食欲、性欲、攻撃性等を司る中枢も含まれ、恋をすると視床下部がよく働くそうです。

一方、赤ちゃんを出産し、母乳をあげたりして赤ちゃんを育てていく過程で、脳が『女性脳』から『母性脳』へ変化していくそうです。

『母性脳』になると視床下部に代わり視覚に関わる後頭葉が働くようになります。すると、視床下部の働きの低下から本能の働き(食欲、性欲、攻撃性)が低下し、心が穏やかになります。今までまず興味の対象が自分自身だったのに対して子供に向かうようになるのです。

『女性脳』から『母性脳』へ変化するには「オキシトシン」という神経伝達物質が大切です。

オキシトシンは陣痛をおこすホルモンです。また、赤ちゃんがおっぱいを吸う刺激でも分泌されます。赤ちゃんがおっぱいを吸うと「プロラクチン」というホルモンも分泌されますが、こちらは母乳をつくるホルモンです。授乳すればするほどプロラクチンが増加し、おっぱいを沢山作るように働きかけますが、お母さんに精神的な安定感ももたらせてくれるそうです。

日本小児科医会の報告によると、約70%のお母さんが母乳をあげながらテレビをみたり、ビデオをみたり、携帯電話をいじったりしているそうです。いくら母乳をあげてても、赤ちゃんのことを考えていない状態では十分にオキシトシンがでず、脳が母性化できません。

また、生まれたばかりの赤ちゃんにタッチをすると、タッチをうけた部分に一致する脳領域だけでなく、対側の脳領域も周辺の脳領域も活性化することがわかってきました。肌のふれあいによってもオキシトシンは分泌されます。ふれあいは赤ちゃんの脳機能を高め、発育を促し、ストレスホルモンを減少させることが報告されています。


誰でも、赤ちゃんを出産してすぐにお母さんに気持ちが切り替わるわけではありません。
今まで育ってきた環境や、もともとの特性以外にも、これから赤ちゃんを育てていこうとする環境が影響して、どのような母性が発揮されるかは変わってきます。

母性脳へ変化するには、赤ちゃんにおっぱいを吸わせてあげられる環境があるなら、たくさん吸わせてあげてください。おっぱいがでても、でなくても構いません。吸わせているうちにおっぱいが作られてくるようにもなります。

それから、抱っこやタッチなどたくさん肌の触れ合いをもってあげてください。赤ちゃんの脳機能や発育を高めるだけでなく、お母さんの気持ちも安定させてくれる効果があります。

そして、授乳や抱っこをしてあげる時、しっかり目を見て優しく赤ちゃんに話しかけてください。

これですべての人が母性脳を獲得できるわけではありませんが、お母さんが疲れすぎていたりして、精神的に安定していないとうまくいきません。

お母さんが母性脳を獲得して、育児にむかえるようになるのに何より大切なのは、お母さんと赤ちゃんが孤立しないように、頑張りすぎないように、パパやおじいちゃんおばあちゃん、親しい友達、ご近所さんなどたくさんの人たちが声をかけてあげたり、抱っこをかわってあげたり、広い気持ちで見守ってあげることです。
そうすることでお母さんも精神的に安定して優しい気持ちで赤ちゃんとの関係を築いていけると思います。


チイク - 知育協会 公式ブログ




------------------


知育協会理事
渡邉 由紀子


産婦人科専門医として母親に対する情報配信を担当
二児の母。大学病院のMFICU(母体胎児総合周産期センター)で多忙な診療に携わりながら子育て、お受験を経験。女医として、子供を生む準備段階の母親の気持ちだけではなく 、出産のアフターケアにも定評がある。 杏林大学病院産婦人科、東京歯科大市川総合病院産婦人科、厚生会 榊原病院、 医療法人財団 順和会 山王病院、渋谷コアクリニック等に勤務。 優育会 渡辺こどもクリニック 理事。



知育協会facebookページはこちら :
https://www.facebook.com/chiiku.kyokai

テーマ:
初めまして、この度コラムニストとして知育協会に協力することになりました、黒崎あいです。
「親育て」という視点から子どもと向き合える体勢作りのお手伝いをしております。
一回目は「無視」についてのお話です。


『ねぇ、ママ~。携帯やってないで遊んでぇ!』

携帯電話の画面に夢中になっていてお子さんの顔すら見ずに「・・・はいはい」と、あしらう親御さんを見かける事があります。この行為を『虐待』という認識で捉える方は、ほぼいらっしゃらないと思います。

では、母親が出会い系サイトにはまり携帯電話の画面に夢中になり、お子さんの顔すら見ずに「・・・はいはい」と返事をしていたらどうでしょう?
もしくは、お子さんが学校に行くまでの朝の1時間+学校から帰宅して寝るまでの6時間合計7時間もの間、携帯電話片手にお子さんとの会話は上の空である場合はどうでしょう?

『虐待』とまでは感じないものの、「問題がある」と感じるのではないでしょうか?

改めて、最初にあげた例と後者の例を比べてみてください。
『出会い系サイト』の例を「問題がある」と感じた方は “出会い系サイトなんて…ふしだらだ”という心象から「問題がある」と判断していませんか?
しかし、子どもからしてみれば、健全なサイトであろうが、ふしだらなサイトであろうが、関係がないのです。
これは、無視、いわゆるシカトに該当する行為です。

次に『長時間携帯に夢中』な例ですが、食事を与え、きちんとした物を着せていれば、外部から虐待が行われているとは思われません。
しかし、子どもの発育とは外見的なものだけではありません。

『児童が、その人格の完全なかつ調和のとれた発達のため、家庭環境の下で幸福、愛情及び理解のある雰囲気の中で成長すべき』 (『子どもの権利条約』前文より)

四六時中、携帯電話の画面に夢中になり、子どもの話しかけを適当に受け流していて(無視)、調和の取れた人格に育つわけがないのは容易に想像がつきます。

お子さんが朝食でどのくらい食べたか?きちんと咀嚼しているか?お箸の持ち方は大丈夫なのか?…など、朝食だけでもお子さんの成長をチェックすることが出来ます。
また、今日学校であった出来事を説明させる事で語彙を習得し、コミュニケーション能力が高まります。
そして、親に対する信頼も増し反抗期における非行行為回避の可能性を高めることもできるでしょう。
また、事細かに聞くことでイジメにあっているか否かわかる事もあります。

携帯電話から子どもへ目を移すだけで、これだけのプラスがあるのです。
イジメのように意図的なシカトをしなくとも、携帯電話の画面に夢中で話を聞いてくれない行為は子どもにとっては無視なのです。

子供ときちんと向き合って対話しているかどうか、、改めて考えてみてはいかがでしょうか。



※参考① 『児童の権利条約』・外務省
  参考② 『児童虐待関係の最新の法律改正について』・厚生労働省



------------------


知育協会コラムニスト
黒崎 あい

チイク - 知育協会 公式ブログ

『親コンシェルジュ』代表。
業務内容は、子どもの福祉のための「親育て」を目的とし親御さんへコーチング、勉強会など。
大妻女子短期大学部国文学科卒業。法政大学通信教育学部法学部法律学科卒業。

知人のお子さんを預かった際に1日で本をすらすら読めるようにした事がクチコミで広がり、書道、絵画、手話などのご指導から、お受験、イジメ、引きこもり、夫婦問題など具体的に解決。最近では、会社経営者、政治家の方へのコーチングなども手がけている。




知育協会facebookページはこちら :
https://www.facebook.com/chiiku.kyokai

テーマ:
こんにちは。知育協会食育コラムニストの青木(倉島)のぞ美です。

今回は、よくお母さん方からご質問のあります、食べ物の好き・嫌いについてのお話です。

子ども達には、好き・嫌いなく、なんでも食べられる子供に育ってもらいたい、というのが親心ですよね。

しかし、子どもの『この味、苦くて嫌い!』『食べられない!』という言葉を聞いて、
『もったいないから、残さず食べなさい!』『お母さんは、あなたのためにちゃんと栄養バランスを考えて作ってるのよ!』となりがちではないでしょうか?

実は、これは逆効果です。
これで食べたとしても、子ども達はムリに食べさせられた、という思いが強く、
苦手意識が深まります。

では、どうしたらいいでしょうか?

それは、本人が自分から意識的に食べてみる・・・という形に持っていくのが好き・嫌い克服の第一歩です。

まずは、ご家族がおいしそうに食べているところを見せ、見守るという姿勢が大事です。
そして、いいタイミングで「一口、食べてみようか?」と声をかけ、
「うん。じゃあ、ちょっとだけ。」と、お子さんが言ったらここでも見守ります。

大体において、一回で嫌いなものを克服するのは、難しいです。
ですから、一口食べて、『やっぱり、苦手・・・』とお子さんが言ったら、
「今日は、まだちょっと無理かもしれないけど、苦手なことに挑戦した姿勢がすごい!!味覚は、大人になるにつれ、どんどん変化するので、また、挑戦してみようね♪」とまず、頑張ったことをほめてあげましょう。

苦手な物に挑戦したことをほめられると、自分の挑戦と頑張りが褒められた、という思いがインプットされ、次からも、挑戦するようになり、いつの間にか嫌いなものを克服できるようになります。

我が家の息子二人も、3年かけて夏の旬の野菜のゴーヤを、長男は小4で、次男は小5の今年はじめて克服し、今では家族みんなで、『ゴーヤの苦みがいいよね~♪』といいながら、おいしくいただいています。

好き・嫌いを克服するには、
まずは、無理に口に突っ込んだりせず、自分から挑戦させ、
苦手なことに挑戦したことをほめます。
挑戦したことをほめられた♪という気持ちが、次回の挑戦につながります。

それに、もう一つ大切なことは、子どもが嫌いだからと言って、食卓からその食材をなくさないことです。
食卓にのっていなくては、挑戦できませんから。

そして、お父さんやお母さん自身が、お子さんの前で、「これ、苦手」「食べられない」という言葉を発しないことも大前提です。
お子さんは、お父さんやお母さんの真似をして、食べる前から苦手意識がついてしまいます。

大きくなっても苦手な物があったら、年に1回くらいお子さんと一緒に挑戦してみてもいいかもしれませんね。

そして、好き・嫌いが一つずつ克服できる日まで、気長に見守っていきましょう。

次回は、<好き・嫌いを克服した後におこる変化>についてです。

チイク - 知育協会 公式ブログ






------------------


知育協会コラムニスト
青木(倉島) のぞ美


1997年より、料理教室主宰。
現在は、生まれ育った信州の風土を生かした<衣><食><住>をテーマに展開。
日本の味を次世代の子どもたちに残す<だしの教室>も好評である。

2012年には、当時小学6年生だった長男が小学5年生より書き溜めた、キッチンで食材と母がバトルを繰り広げる7つの物語りとイラストに、レシピとコラムを担当したレシピ本を出版。
小学生が本を出版したということで、数々の雑誌・テレビ・ラジオ等に取り上げられ、レシピ本の類ながら、食育・子育て本として、幼稚園・保育園・学校関係の教育現場で注目を集める。
その中のひとつの物語のエピソードは、アジア圏向けの日本語の問題集に問題文として掲載され、海を渡る。

現在、14歳と10歳の男の子の母。(2013年6月現在)

著書に『ゆうとくんちのしあわせごはん』(息子との共同出版)がある。




知育協会facebookページはこちら :
https://www.facebook.com/chiiku.kyokai

テーマ:
はじめまして☆
この度、知育協会を共に支援させて頂くことになりました
日本小児歯科学会認定衛生士の和田京子と申します。
つまり、子ども専門の歯科衛生士です。

私は日々現場で生後3か月の赤ちゃんをはじめ、
たくさんの子どもたちや親と触れ合い、
お口の健康をサポートしています。
そんな私からみなさまの素直な疑問や悩みなどにお答えし、
少しでもお役に立てればと強く思います。

はじめましての今回は、
『歯みがきの基礎』
についてお伝えします。

適切な歯ブラシを選びましょう
子ども用と仕上げ用はそれぞれ使い分け、手のサイズに合ったものを選びましょう。仕上げ用は頭が小さく持ち手が長いものがオススメです。毛はやわらかめよりもある程度コシがあるものが良いでしょう。

1日に1回は必ずしっかり磨きましょう
汚れ(歯垢・プラーク)は24時間かけて歯に付着します。特に寝ている間に菌は活発になるので、夜ご飯のあとや寝る前のタイミングがオススメです。

できるだけ楽しく磨きましょう
歯みがきタイムは嫌がる子も多いですが、歌などを歌い、できるだけプラスの声かけをしましょう♪大好きなパパやママが真剣な顔をしてしまうと怖さが増します。
笑顔で磨いてくださいね♪
YouTubeなどで歯磨きの楽しい動画を見せながらも効果があります♪
『シャカシャカ歯磨き』

お口の中は顔がそれぞれちがうように個人差が多くあることをご理解下さい。
そのため子どもに合った指導がうけられるよう歯科医院での定期的な健診をオススメします☆


チイク - 知育協会 公式ブログ







------------------


知育協会コラムニスト
和田京子

日本小児歯科学会認定歯科衛生士

チイク - 知育協会 公式ブログ




知育協会facebookページはこちら :
https://www.facebook.com/chiiku.kyokai

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス