わんわんチャネリング*ぷーた | *ふわふわん*

わんわんチャネリング*ぷーた

*ふわふわん*


【わんわんチャネリング】を知っていますか?

JUDYさんという方はセラピストでもなく
今はやりのアニマルコミュニケーターではありません。

ただ単純に写真をフォーカスして感じたことを教えてくれます。
ちょっとスピリチュアルな世界??なのかもしれません。

前にアニコミをやってもらった時あまり信用できなかったんだけど
JUDYさんに見てもらったわんちゃん達のブログを読むと
すごーいっていう感じの印象ばかりで即、申込をしてしまいました(笑)

基本的にスキなんですねぇ私(o´艸`)


メールで写真を送って、「年齢・性別・名前・家族構成」を記載するだけ。
それだけです!!

今回プータは病気のことを聞きたかったので手術経験のこともプラスしました


1部ですが掲載許可がでたので載せまーーすにこ
興味のない方はスルーしてくださいね


プータ君、心臓病の手術頑張りましたね。
闘病中にYumikoさんに看護してもらったことが
とても嬉しかったようです。
その時間は、ママを独占してもいいと思っていたようです。

いつもは、他の2わんにママを譲っているところがあると
思います。
病気の時だけは、自分が甘えてもいいよね?って思っていたようです。


プータはいつも控え目な所があっていつもラピスやメロディにゆずるところ・・・
すごくあるんです!


「ママ、ありがとう。ぼく元気になったからね」
そう言っています。
ただ、プータ君は無理をしちゃうところがあるので、
気をつけてあげてくださいね。
我慢強い面もありますから。


プータの我慢強いところ・・・
写真からも伝わるんですねぇ


ラピス君がいつもプータ君にちょっかいをだして、じゃれているのかな?
そんな光景も浮かんできます。
メロディちゃんとはおうちに来た時から仲良くできたのではな
ないかと思います。


これにはちょっとビックリ汗
ほんとにラピスがちょっかい出してるのでwww


Yumikoさんが疲れている時や、落ち込んでいる時には、
そばにきてじっとYumikoさんを見上げていたりしてきたと思います。
「ママ、どうしたの?何かあったの?」
そうやっていつもママを心配してくれていましたよ。



JUDY「プータ君、パパとママに何かある?」
プータ君「ないよー!だっていつもママとおしゃべりしてるもん」
JUDY「そうか。なら特別今は何も伝えることはないのね?」
プータ君「うん」


ぷーたんっ
ママにメッセージはないのかいーーーーっ汗

まぁね。いつもふたりでお話してるもんね・・・

プータたちの言葉はもちろん飼い主の私が1番わかっているつもり。
そう思っています。
けど、聞いてみたい・・・・・
確認してみたい

そう思って今回チャネリングをお願いしましたハート

当たっているって言葉は変かもしれないけど
プータの声、感情そのままでした。



JUDYさんのHP→ALOHA ANGEL
コラム→JUDYのハートをつないで