「雨が上がれば」 | つくりてラボ・よしのちほ
新型コロナウイルスに関する情報について

つくりてラボ・よしのちほ

「つくること」が好きで「つくるひと」が大好き。
一緒に何かつくりませんか?
ホロスコープ曼陀羅の考案者です。
オーダー制作承ります。

おかげさまで渋谷のギャラリー・セルの「てづくり豆本展」はたくさんのお客さまにおいでいただいています。ありがとうございます。


明日の水曜(15日)が最終日。渋谷方面にお越しの際は、ぜひお立ち寄りくださいね。



豆本・小箱 「よしの屋」


さて、会場入り口に置かれた「豆本がちゃぽん」

今回は12人が参加し13種類の豆本が揃いました。



豆本・小箱 「よしの屋」


これは私が納品した分。


ハズレなし! 1回100円! そりゃあもうガチャガチャするしかないでしょう!
というわけで好評のうちに、昨日の夕方終了いたしました。


間に合わなかった・・・とお嘆きのアナタ。12日から神保町の東京堂書店と厚木の有隣堂で新しいバージョンが開始していますので、そちらでお楽しみ下さいね。
(※東京堂と有隣堂には今回よしのは参加しておりません)


今回、私がギャラリー・セル用に出していたのはコチラ。



豆本・小箱 「よしの屋」


「雨が上がれば」


梅雨の時期でもあることですし、気持ちが晴れやかになるような物語を、と作りました。


せっかくなので、いくつかこだわりポイントをご紹介♪


表紙の紙は雲をイメージ。
本文は空と雲を思わせる青い紙を使用、そして折り本なのですが、あえて山折り部分に折り線を印刷してみました。



豆本・小箱 「よしの屋」


拡大すると見えるかな。「-・-・-・-・-・」の折り線。



豆本・小箱 「よしの屋」


これを折って小口を見ると、なんとなーく、雨のような感じに見えませんか?


そして物語の最後には・・・・・・。



豆本・小箱 「よしの屋」


憂鬱な時期ではありますが、みなさまの心に虹がかかりますように。


「雨が上がれば」は、6月23日(木)から熊本の島田美術館で開催される「ふくまめ創作豆本展」 の豆本がちゃぽんにも投入予定です(いま作成中、頑張れあたし) 


熊本の皆さま、どうぞよろしくお願いしますっ!