「テンパリング / リベンジ」 | つくりてラボ・よしのちほ
新型コロナウイルスに関する情報について

つくりてラボ・よしのちほ

「つくること」が好きで「つくるひと」が大好き。
一緒に何かつくりませんか?
ホロスコープ曼陀羅の考案者です。
オーダー制作承ります。

私にとって、ついのべはお菓子みたいなイメージ。


軽くつまんで、ほんのいっとき味わえる・・・・・・焼き菓子? キャンディ? チョコレート?


そう考えていたら、一粒のチョコみたいな豆本をつくりたくなって、できたのが、これ。



豆本・小箱 「よしの屋」


「テンパリング / リベンジ」


表と裏に一作ずつ収録したので、両方A面的なイメージ(あ、昭和なことを言ってしまった)。


表紙のイラストはワードで描きました。できあがりを見ると、やっぱりハートの方が可愛いかな。


中の紙は、チョコをイメージしています。もっと濃い茶色が良かったのだけど、そうすると文字の発色が難しくて。


「よるほー物語」「虹色恋文」「ついのべくれよん」ときて、この「テンパリング/リベンジ」で、現在、東京堂書店で販売している4種全部の紹介が終りました。


現在品切れ中のものもありますが、次の週末までには補充予定。


たくさん補充したい! って気持ちと、一段落させて新作に取りかかりたい! って気持ちでソワソワしています。


いま考えている新作はねー、雪と、ハートと、桜餅なんですよー(ソワソワ


って、3種類も、いつ試作するんだ。ばたり。