「よるほー物語」 | つくりてラボ・よしのちほ
新型コロナウイルスに関する情報について

つくりてラボ・よしのちほ

「つくること」が好きで「つくるひと」が大好き。
一緒に何かつくりませんか?
ホロスコープ曼陀羅の考案者です。
オーダー制作承ります。

豆本カーニバルまであと少し。


今回、何点か「ついのべ豆本♪部」のスペースに自作を展示するので、下ごしらえでなんとなく落ち着かない金曜の夜です。


その中のひとつ。


「よるほー物語」


ツイッターでは午前0時の挨拶で「よるほー」というのがあります。


知らない人が見たら、それまで普通のツイートをしていた人たちが突然「よるほー」「よるほー」と言い出すので、奇妙な感じを受けるかも。


そんな真夜中の物語を、ふたつ収録しました。


豆本を創るとき、ついのべが先にあって、それにあわせた本を考えるのですが、これは珍しく先に形が決まっていました。


布地屋さんで、ふくろう柄に出会ってしまったんです。


見た瞬間、


「よるほー物語」という、ついのべを書かねば! と思ってしまって即買い。


豆本を創っていなければ、生まれなかったついのべ。こんなこともあるんですね。



豆本・小箱 「よしの屋」


というわけで、「よるほー物語」。こんな和本になりました。ふくろうの柄、見えますか?


夜をイメージした帙(ちつ:和本の箱のこと)に入っています。


11日(月)の豆本カーニバルで展示していますし、東京堂書店にも置いてあります。


見ていただけたら嬉しいです♪