1 | 2 次ページ >> ▼ /
2005年03月28日

年度末アヴァンチュール

テーマ:ブログ
最近何かとご無沙汰することが多い本ブログですが、その点はご容赦下さい。

さてさて、そんなことを言いながら、またしても更新が途絶えてしまうんです。今日の夜から大阪の方へ弟と旅行に出かけるからです。ちょいくら高校野球観戦大阪観光といった感じで。

日にち的にも、今回の旅行が今年度最後のものになりそうです。振り返るとこの1年、とりわけ昨年の秋にチャリを手に入れてからは行動範囲も広がり、多岐にわたるアヴァンチュールを楽しんだわけですが、まだまだこれからも激暇な休日はそれにいそしむことでしょう。

だったらバイト増やすなり遊ぶなりして、暇な時間をなくせよ、って自分にツッコミ入れたくなりますけどね。まあいいや。

というわけで、またしても楽しんできます。弟と旅行というのも滅多にないことですからね。あと甲子園では、慶應高校の勝利を願っています。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005年03月25日

刺客fromガーナ

テーマ:ブログ
今日は起きてから夕方にカテキョのバイトへ行くまで、昼食の調達時以外は家でヒッキーしていたという、ハタから見れば何ともオワッテル光景を演出してました。

しかしその反面で、3試合あった今日の高校野球を隈なく見ることが出来ました。とりわけ第2試合は21世紀枠(部員不足や練習環境の困難を乗り越え、秋季地方・地区大会で上位の成績をおさめた学校に与えられる選出枠)で出場の一迫(いちはさま)商(宮城)が、優勝候補にも挙げられていた修徳(東京)を破るという大金星を上げたし、第3試合では天理(奈良)が、同じく優勝候補の一角とされていた柳ヶ浦(大分)に対し、多彩な攻撃で勝利をおさめるという、何とも面白い試合が展開されたのです。

高校野球を見た後は、カテキョのバイトへ。今日は昨日よりは指導に重点を置いて、数・英の中学のおさらいと、高校の数・英のヴィジョンを軽く説明。その後は教え子が卒業アルバムを見せるなど、またしてもマッタリの流れになったのですが。そんな感じで、次に教える時は、彼は晴れて高校生になっているわけでして。

若いって素晴らしい、教え子を見ながらそう感じていた自分はもうトシだなと感じたりしました。

ところでここ数日、自分のツボに入り続けている人物がいます。その名は、ニャホニャホタマクロー。彼は先日放送された「トリビアの泉」内で、「ガーナサッカー協会会長」として取り上げられ、番組内では彼をイメージしたイラストや歌まで製作され、自分はヘソで鍋を沸かすが如く大爆笑してしまいました。

あまりにインパクトの強いこの名前、今なおその名前を聞くだけで、というよりむしろその文字を読むだけで大爆笑してしまいそうな自分です。ここまで来たらもはやニャホニャホタマクローの呪いとしか言えません(笑)暫くは笑いをこらえながらやっていく日々が続きそうです本当。
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2005年03月24日

日替わりアイデア

テーマ:ブログ
ここ3日ほどの動向をまとめて。

東京へ戻ってきて多少残った疲れを取るのも束の間、サークルの新歓(オリエンテーション=オリエン)に向けてのミーティングがその日のうちにあったのです。

しかし病み上がりの段階で旅行を敢行したもので、病院で診察を受けるべきだと判断し、ミーティングには少し遅れて行くことに。

処方箋を受け取り、ようやっと皆に合流したのは7時すぎ。ミーティングでは勧誘に際しての諸注意タクティクスストラテジーを一括して学びました。オリエンの成功を祈るばかりです。

ミーティングの後は飲みに移行。騒いではマズイ施設だったにもかかわらず、それなりに騒いで盛り上がっていたような気が・・・。

翌日、つまり昨日は飲みの後の眠りから覚め、テレビで高校野球の開会式を見て帰宅、そのまま再び夕方まで就寝という、気付けば散々な事態になっていました。

そして今日。朝から高校野球中継に見入ることに。残念ながら山梨代表の甲府工業は逆転負けを喫してしまいましたが、慶應高校は劇的なサヨナラ勝ち!実にアツい勝ち方でした。次の慶應高校の試合は、直接甲子園に見に行こうかと計画しています。

その後は実に1ヵ月半振りにカテキョのバイトへ。教え子を改めて激励すると、そのまま語らいの流れに。結局今日はトークで120分終了しました。明日も立て続けに入っていますが、少しは中学英語の復習をしなきゃなりません。

それにしても、今日その教え子が学校から既に配布された、新課程の教科書を拝見したのですが、内容は中学生ですら1年で習いそうな内容が序盤に山盛り。具体的には一番最初の単元でアルファベットがA~Zまで大文字小文字で解説されていたり、パラグラフが2,3行で終了したりと、明らかに高校生をナメているとしか思えない教科書でした。

自分の弟の教科書(中学校)も以前見ましたが、それもどの教科も散々な内容。やっぱ今日の教育は何かどっかイカレてる、そう識人ぶった考えを持たずにはいられない日となりました。
AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
2005年03月24日

明太と共に去りぬ

テーマ:アヴァンチュール旅行記
3日目、本来であれば博多から一路柳川まで行き、東京へと帰る予定でした。しかし、前日の地震の混乱の中で博多や天神を満足に見て回れなかったので、そのまま博多に留まることにしました。

前日とはうって変わって、博多駅前は人々で賑わい、店も通常通り営業していました。駅のデパートでは土産の買い物。実家と自宅に向けて明太子八女茶を購入・発送しました。

そのまま再び天神へと赴くことに。天神も前日の閑散とした雰囲気が嘘のように人と花粉で溢れていて、それはもうクシャミを狂ったように連発するハメに。天神で自分の買い物をすると、もう時間は3時に。東京へ行く寝台列車に大牟田(博多から約50分ほど)から4時半に乗る予定だったので、博多をあとにすることに。

博多駅の改札では、少し折り曲がったまま入れてしまったのか、周遊券が自動改札の中で詰まり、写真のようなあられもない姿に・・。まあこれもいい思い出ですわ。

そして無事大牟田から東京行き寝台列車に乗車、福岡の地を後にしました。

考えてみれば病み上がりをおして旅行を敢行したお陰で、色々な体験をした旅行となりました。初めての福岡であまりに低い確率の大地震に遭遇したことは、生涯忘れることはないでしょう。柳川の地は、夏休みに再びプランを立てて博多や小倉と共に改めて訪れたいと思います。最後に、今回の地震で自分以外に被災された方々に、心からお見舞い申し上げます。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005年03月24日

天災の只中より

テーマ:アヴァンチュール旅行記
そして忘れまい、2日目。この日は福岡出身のたく君と仕切り直しで福岡の街を回る予定でした。当初の予定では8時に起床、博多には10時半に到着する予定でした。

ところが前日に服用した薬が効いたのか、起床は30分遅れの8時半。予定を30分繰り下げて、博多到着予定は11時に。そのことをたく君に連絡すると、何とたく君も寝坊して、博多到着は昼頃になるとのこと。この2人の何気ない「遅延」が、後々大きな意味を持つことになるとは、この時予想だにしていませんでした。

小倉から博多行きの特急に乗ったのは10時過ぎ。電車は何の異常もなく福岡市内に入り、10時52分、博多から4つ手前の香椎という駅に到着・出発しました。

ところがその香椎を出て間もなく、次の千早という駅で電車が急に停車。車内に僅かな沈黙が漂って間もなく、電車が大きく前後に揺れたのです。同時に自分のケータイは全く繋がらない状態になり、隣のオバサンがケータイで情報収集、震度6弱という事実を知って初めて、事の重大さに気付いたのです。

そう、自分は福岡県西方沖地震に博多の手前で遭遇してしまったのです。

結局その特急電車は千早で運転中止。電車復旧を待つべく、ホーム下の改札に向かった時も、余震と思われる揺れで改札一帯にドーンという大きな音が響き、非常に不安でした。結局電車復旧のメドも全く立たず、近くのバス停を探して博多へ向かうことに。途中のコンビニでは公衆電話に長蛇の列が。みんなケータイが繋がらなかったようです。

列に並んでようやっと実家とたく君に電話できたのですが、たく君のケータイにはやはり繋がらず、山梨の実家のみ繋がり、親に無事を報告。親は相当安堵していましたが、自分にはいつまで経っても大地震を経験したという実感が沸きませんでした。

そして近くのバス停に程よくバスが到着し、博多へ。自分にとって不幸中の幸いだったのは、電車が博多の近くまで進んでいたということでした。これがもし、小倉と博多の中間で止まっていたりしたら、博多には向かえなかっただろうし、より一層不安になっていたに違いありません。

やっとの思いで博多に着いたのは午後2時前。たく君とはようやくメールでやりとりができる状態になり、3時前に遂に感動の再会を果たしたのでした。

何でも、たく君は博多へ向かうバスに乗る途中で地震に遭遇したとのこと。もし当初の予定通り事が進んでいたら、自分もたく君も博多や天神で被災していたでしょう。特に写真の光景は天神で実際に起きたことであり、もしこの時間にここを通っていたら、今頃どうなっていたか、そんなことを思うと今でもゾッとします。

大げさな言い方になるかも知れませんが、2人とも運に恵まれていた、そんな気がしてなりません。

たく君とは当初の計画通り、天神を見て回ったのですが、思いの外街や人々は平然としていて、本当に地震発生直後なのか疑いたくなるくらいのんびりしていた感が漂っていました。しかし、地震の影響でどこの店も閉店状態。日曜の午後だというのに天神の人通りもまばら。そして所々でガラスが割れていたり壁が剥げ落ちていたり家が歪んでいたり・・・。そうした光景を目の当たりにした時、初めて自分は震災の只中にいるということを実感したのでした。その折々で友達から送られて来た心配のメールや電話には、心から励まされました。今ここで改めてお礼申し上げます。

この日の天候も何とも不思議なもので、地震発生後しばらくは陰鬱な雲が漂いどんよりとしていたのに、夕方になるといきなり快晴に。そんな異常な天気も、この日が何か異常な日であったことを物語っていた気がします。何でもこの地方をこれだけの大きな地震が襲撃するのは、1万年に1回のペースとも言われ、とんでもない折に旅行をしてしまったのだと感じました。

その後たく君とはカフェに行った後別れ、宿へと戻ったわけですが、夜になっても余震が続き、部屋の中でも何回か体験しました。疲れていたのか、もう揺れても苦じゃなくなっていったような気が。

そんな、街も頭の中も混沌としたまま、2日目が終了していきました。
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2005年03月24日

忘れじの旅、そこに

テーマ:アヴァンチュール旅行記
またまた一週間近く空きました。前回ブログにも書いたとおり、この間に福岡を旅行していました。

病み上がりで臨んだ今回の福岡旅行、周知の通りかと思いますが、折しも福岡県西方沖地震の発生と重なり、震災直後の福岡市内の様子をリアルタイムで経験することになりました。そのことについても触れていきたいですが、全部で3日あったこの旅行を、折々の記憶と重ね合わせて日ごとに書いて行きたいと思います。

先ず1日目。この日は新幹線で小倉入りしたわけですが、病み上がりの身体には多く歩くこともあまりままなりませんでした。小倉の街はそこまで詳しく見て回らず、この日のメインは同じ北九州市内の門司港という所になりました。

門司港は本州と九州とを結ぶ関門海峡があり、その昔から船舶の重要拠点として栄えてきた街。門司港の駅舎もさることながら、街の至る所にレトロを感じさせるものが散らばっていた感があります。

その中でも自分の目を引いたのが、写真の旧大阪商船の建物。レンガ造りでいい味出してます。この建物内には自分の好きな画家のギャラリーもあり、なかなか楽しむことができました。

その後は再び小倉に戻って少し歩き、荷物を持って本日の宿泊先の門司へ。ここは門司港から少し小倉寄りの街ですが、ここにもレトロな雰囲気は漂っていました。もっと見て回りたかったのですが、いかんせん長時間歩行は身に応えるものがあり・・・。

今度来るときは万全の体調で、そんなことを思いつつ、初日の夜はおとなしく更けて行ったのでした。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005年03月18日

復活しちゃう旅行なもんで

テーマ:ブログ
昨日、旅行プランがオジャンになったと書きましたが、今日、体調が回復してきたことをかんがみて、高速で再びプランを練り直し、明日~22日までの予定で福岡を旅行することが決定しました!

ちなみに22日は午後からサークルの新入生勧誘に関する会合があるのですが、自分は午前中に帰って来るので間に合う筈です。

人間、執念があれば成る物事もあるのですね。そんなことに感心しつつ、明日から出かけてきます。再び更新できなくなってしまいますが、とにかく楽しんできます◎
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005年03月17日

ミクロに屈して何思う

テーマ:ブログ
ご無沙汰していました。一週間近く空きましたね。まあ春休みとでも解釈してください。

さて、なぜこんなに間が空いてしまったのか、経緯を含めて説明していきます。

前回のブログで進級が決定し、安堵しまくったということを書きました。この「安堵感」というものは自分の想像を越えるものだったようで、そこから来る疲れのせいか、先週末から熱を出していたのです。

多分カゼだろう、そう信じて福岡への旅行プランを立てていきました。宿もOK、行程もOKといった具合に。

ところが、今週に入っても熱は下がらず、むしろ高くなる一方。何か変だと感じた自分は、病院で診察を受けることに。診察の結果、何とインフルエンザに感染していることが判明!静養を余儀なくされました。

お陰で本当は今日から行くはずだった福岡の旅行プランはオジャン。たく君と博多の街を巡るという計画も白紙に。

というわけで昨日は様々な思いが自分の頭の中を駆け巡っていました。ミクロの世界からの来訪者、インフルエンザウイルスに対する憎しみ・そしてそれに屈した自分の不甲斐なさetc.

気付けば3月も半ばを過ぎました。これから下旬にかけてはサークルの行事などであまり暇がないように思われます。しかし、このままでは何だか気が済まないのです。あれだけ大々的に旅行するぞと振舞っていたのに結局計画倒に終わってしまうのか、そんなやりきれない思いが未だに自分の中に残っているのです。

春休みも残り少なくなってきましたが、何としても暇な日を見つけ出し、当初の旅行計画を貫徹したい所存です。ハタからみれば単なる自己満足にしか見えないかもしれないですが、自分にとってはそれ以上に意味をもつことだと信じています。

本当にやりきれない。有言実行を守りたい。そんな感情が交錯している中で今日はここまで記事をたしなめてきました。よって支離滅裂な内容であることも懸念されますが、その点はご勘弁下さい。それではまた。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005年03月11日

心の春に歌って踊って

テーマ:ブログ
今日は先輩方の試合が予定されていたのですが、雨に伴いあえなく中止。代わりに午後からボウリングかカラオケをしましょうというメールが朝廻ってきました。

これに潔く返事をして午後、集合場所である渋谷へと向かってみると、思いの外集まっている人達が少なく、自分は海くんを呼び出すことに。彼は遅れて来ることになったので、先にそこにいたみんなで近くのボウリング場へ。

程なくして海くんも合流し、先輩と入り混じってのボウリングが始まったのです。

2ゲームやったのですが、今日の自分は調子がすこぶる良かったようで、とりわけ第2ゲームではスコアが169まで行くなど、何かが変でした。お陰で一緒にチームを組んでいた先輩共々、韓国式垢すりグローブを進呈され、ご満悦ムードに。

一行はそのままの流れでカラオケへと突入。始まって間もなくして、姉から電話が。それで思い出してしまったのです、今日は大学の成績が実家へと送られてくる日であることを。

恐る恐る電話に出てみるなり、「あー進級おめでとう」

やったぁぁぁーーーーーーーーーー◎π♪∵※〒♂♀㍼%㌍!!!!!

・・どうも失礼しました。でも何とか無事進級することが出来ました。後で再確認したところ、単位もそれなりに取得できていたみたいで。今、自分の中に、本当の意味でのがやって来たのです。

思い返してみるとこのブログでも散々留年の危機と銘打って自分にプレッシャーを与えてきたのですが、それが活きて本当に嬉しいです!それ以前に、自分に危機感に対する自覚を持たせてくれた様々な友達に心から感謝したいと思います。特にOぺくんには夏休みの頃からプレッシャーを与えていただいて本当にお世話になったと思います。今この場をお借りして心よりお礼申し上げます。

話戻って、その後のカラオケは安堵感からか自分の中で更にヒートアップ!先輩方のテンションも上々で、終始盛り上がりました。

その後は渋谷の焼肉食べ放題の店で先輩方と談笑を交えつつ食べまくり、帰路の途についたというわけです。

人間、安堵するとどうしてか溜まった疲れがドッと沸いてくるものです。というわけで今宵は目覚ましをかけずに寝て、明日は起きて気の向くままに行動するのが理想でございます。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005年03月09日

春霞たなびく空の下

テーマ:ブログ
今日は面白いくらいに眠気が止まらなかった日。昨晩寝付いたのはいつもと変わらぬ時間だったのに、起きたのは正午ちょっと前。起きた途端にまたしてもクシャミに襲われるハメになりました。

昼食を調達してマッタリしていればもう午後は2時。ふと外を見てみると、晴れているのに曇っているかのような、それでいて雲がないという空模様。ああこれが春霞というものなのかと了解し、外へ出たい気分になったのです。当然、マスク着用で。

外出と言ってもかわいいもので、電車を使わずにチャリで近所をブラブラというものでした。自宅の近くを多摩川が流れているので向かってみると、そこには平和な光景がただただあるのみでした。

釣りを楽しむおっさん・子供、川に石を投げて戯れている中学生と思しき男女・・などなど。

そして帰り際に多摩川の鉄橋を渡る京王相模原線を春霞の日差しと共に一枚。

あー改めて平和だな、と思っちゃったりした自分、一体歳はいくつだよ、と自分でツッコミ入れたくなるような一コマでした。

その後商店街でまっぷる(福岡版)等を購入し家に戻ると、またしても睡眠。どれだけ寝れば気が済むのか、と自分にツッコミ入れたくなるような1日でした。

今はまっぷるをパラパラめくりながら具体的なプランを立てているところです。大まかな予定は立っているので、早いうちに切符を確保しなくては、と少し焦り始めた夜でございます。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。