「与える」と「押し付け」は、似て非なるもの | 香港発ピアニスト/ピアノ講師*音の綴り方

香港発ピアニスト/ピアノ講師*音の綴り方

香港在住ピアニストでピアノ講師の
荒井千裕がピアノの奏法、呼吸法、身体の使い方をお届けします。


テーマ:
● 「与える」と「押し付け」は、似て非なるもの

IMG-9373.PNG

愛して欲しかったら、
まず、自分から愛する。惜しみなく愛する。


優しくして欲しかったら、
まず、自分から他者に優しく接する。


呼吸をうまくしようと思ったら、
まず、吐く。吐き出す。
吐かないと吸えないから。


赤ちゃんは、生まれてきて最初にやる事は、
吐き出す事。
命を全うする時には、
息を引き取る。


全ては「出す」エネルギーが先だ。
 と、聞いた事がありませんか?



これは確かな事。


そこで気をつけたいのは、

自分から「与える」事を先にしていれば、
いつか自分も「与えてもらえる」と思う、
その「与えてもらおう」という気持ちが強くなると、

それはいつしか

「与える」(気持ちよく差し出す)が、
「押し付け」へ変わってしまう。


「与える」のと「押し付ける」のは、
似て非なるもの。


気を付けたい、と、いつも思う。


独りよがりになっていないか?と。



さ、今日も空を見上げて、
ゆっくり深呼吸して、

どなた様も、ワックワクの1日を始めよう!




お読み下さり、ありがとうございました。
香港在住ピアニストdeピアノ講師の荒井千裕でした。


**ピアノ・レッスンをご希望の方へ**

香港教室・東京レッスンをご希望の方はメールでお問い合わせください♪
chihiro@chihiropiano.com 荒井千裕まで。


**メールマガジン配信中**

月・木曜日の朝に配信しています。 奏法・精神面や呼吸のコントロール法などをお送りしています。
メールマガジンに興味のある方は、こちらからご登録ください
もちろん無料です。


**電子書籍**
練習法や講師挨拶文例などの電子書籍はこちらです。

香港在住ピアニスト/ピアノ講師*ちひろさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス