リサイタルのフィードバックと、「お話組曲」ダイジェスト動画報告 | 香港発ピアニスト/ピアノ講師*音の綴り方

香港発ピアニスト/ピアノ講師*音の綴り方

香港在住ピアニストでピアノ講師の
荒井千裕がピアノの奏法、呼吸法、身体の使い方をお届けします。


テーマ:
● リサイタルのフィードバックと、「お話組曲」ダイジェスト動画報告

IMG-9374.PNG

一昨日9月3日(日)に、古塚真紀子先生の主催・運営で開催されました
荒井千裕ピアノ・リサイタル〜ピアノでワクワクの旅2017」、
ブログをお持ちの方々が、記事にして下さいましたので、ご紹介させて下さいね。
昨日の記事でも少しご紹介しております。)



神戸のエチュード先生






藤沢の井上真理先生






古くからのお友達、あややんさん






川口の清水南妃先生






横浜大倉山の、桂先生






他、メッセージやメールも沢山いただきました。
ありがとうございます。

上の、清水南妃さんが、記事の中で書いておられる事なのですが、

ちひろ先生の演奏は聴いているとうっかり
「私も弾けるかな?」って思わせる演奏が多いんです。



それを、他の方も、東京のレッスンを毎回受けて下さってる方からも、
メッセージで頂きました。

千裕先生は私にとってどういう方かというと、
「この曲私にも手が届くんだ」と
希望を持たせてくれる先生なんです。



このお言葉が、何だか、とてもとても、嬉しいのです。
ありがとうございます!



さて、リサイタルの前半は、古塚真紀子先生作の
「お話組曲」でした。

「エリーゼ姫のために〜子犬のチョロタの冒険」

映像を映しながら、素晴らしいナレーションがあり、
そして演奏でした。

弾いたのは、

・ショパン「子犬のワルツ」
・ダカン「かっこう」
・シューマン「こわいよ」
・ベートーヴェン「エリーゼのために」
・プロコフィエフ「タランテラ」
・ドビュッシー「月の光」
・リスト「愛の夢」

これらの曲を、ダイジェストにまとめました。
9分弱です。
ナレーションも、全てではなく、ごく一部のみの公開です。
お時間がございましたら、是非、ご覧下さいませ。

この「お話組曲」は、子供達に向けて、
真紀子先生が愛情込めて作られたのですが、
意外に、大人のお客様方に大好評でした!





ありがとうございました!!!





お読み下さり、ありがとうございました。
香港在住ピアニストdeピアノ講師の荒井千裕でした。


**ピアノ・レッスンをご希望の方へ**

香港教室・東京レッスンをご希望の方はメールでお問い合わせください♪
chihiro@chihiropiano.com 荒井千裕まで。


**メールマガジン配信中**

月・木曜日の朝に配信しています。 奏法・精神面や呼吸のコントロール法などをお送りしています。
メールマガジンに興味のある方は、こちらからご登録ください
もちろん無料です。


**電子書籍**
練習法や講師挨拶文例などの電子書籍はこちらです。

香港在住ピアニスト/ピアノ講師*ちひろさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス