その昔、埼玉県民は東京都民からそれはそれはひどい迫害を受けていた。通行手形がないと東京に出入りすらできず、手形を持っていない者は見つかると強制送還されるため、埼玉県民は自分たちを解放してくれる救世主の出現を切に願っていた。
 東京にある、超名門校・白鵬堂学院では、都知事の息子の壇ノ浦百美(二階堂ふみ)が、埼玉県人を底辺とするヒエラルキーの頂点に、生徒会長として君臨していた。しかし、アメリカ帰りの転校生・麻実麗(GACKT)の出現により、百美の運命は大きく狂い始める。
 麗は実は隠れ埼玉県人で、通行手形制度撤廃を目指して活動する埼玉解放戦線の主要メンバーだったのだ。その正体がばれて追われる身となった麗に、百美は地位も未来も投げ捨ててついていく。(Amazonより)



「パタリロ!」で有名な魔夜峰央先生原作の同名漫画ですが未読。

でも「パタリロ!」は姉が漫画を持ってて小さい頃に読んでいたし、アニメも観ていました。

バンコランとマライヒがたくさんの薔薇をバックに愛し合う場面とか、ドキドキしたなぁキラキラ


映画に登場する主要な人物や白鵬堂学院の上級な生徒は魔夜先生の世界観そのままのメイクや衣装。


魔夜先生の世界観を背負える芸能人ってけっこういるんだなーとこの映画を観て思いました。

GACKTさんは何歳になってもビラビラした袖のシャツ着て後ろにバラを背負えちゃいますよね。

初めてGACKTさんを見たときCGかと思ったことが懐かしいです。


今でも十分美しいけど、あと10年早く麗様を演じてくれてたらなーキラキラ

若干ですが、ほうれい線が気になる・・・。

だって一応高校生だよ笑い泣き

でも実際ここまでの貫禄ある若手俳優っていないだろうけどアセアセ


都知事の息子にして白鵬堂学園の生徒会長を勤める百美(二階堂ふみ)。


ヒエラルキーの頂点にいることが当然のようなプライドガチガチに高い青年。

しかし麗が登場し、彼の運命は変わり始めます。

ライバルと思っていたが、麗にキスされ百美は彼のことを愛するようになります。

ふみちゃんってシリアスからコメディまで難なくこなせるすごい女優さんです。

気位の高い、中性的な美しさだけじゃなく、蔑んでいた埼玉県人の気持ちを知り今までの行動に後悔する純粋な少年の心も持っています。

すごいんだ。ふみちゃんは。


でも、これってボーイズラブなんです。


だったら男性俳優さんでもよかったんじゃないかなーーーーーー!


中盤から麗も百美のことを好きになってるっぽいし、キスシーンもあるから、やっぱガックンNGなんですかねって思ってたけど、


伊勢谷友介とめっちゃキスしてるやんガックン!!!

それもエロエロしいやつ!!!



じゃあ百美も男性俳優でよくない???

そこだけ引っかかります。


麗は実は埼玉県人で埼玉解放戦線の闘士。

「通行手形」撤廃のために活動しています。

それを知っても麗を愛する百美は彼と行動を共にします。

何度も危ない目にあう中、「埼玉デューク」という人物に助けられます。


京本政樹様キラキラ

彼が出ると耽美率5割増しです。

里見八剣伝~ラブラブ


現代パートがちょこちょこ登場して耽美でゴテゴテした世界とバランスをとっています。


埼玉県民と千葉県民の夫婦。

途中からお互いの県と比べて対立してしまいます。

西日本に住んでる私としては埼玉や千葉の「あるある」は全然共感できないしピンときません。

でもわかりみが深いというか、どこに住んでても隣の県とは色んなことを競いあったり比べあって「ウチが一番!」とみんな思ってるんだろうな。


めちゃめちゃ埼玉をディスってるけど、なんだかんだ埼玉県愛を感じました。