週末羨ましかったこと2つ。

 函館競馬場に田中圭さん降臨。

画像お借りしました。


めちゃめちゃお客さんが来たそうです。
徹夜組まで。

おっさんずラブのお話もしてくれたみたいで、Twitterでのリポートツイートを読みながらニヤニヤしてしまいました。




「サメと泳ぐ」チケット一般発売 撃沈。


16日が一般発売だったんですが、チケットとれませんでしたアセアセ

というか、体調不良で気づけば10時半。

戦いはとっくに終わってましたえーん

どこも日帰りでは厳しい場所だったので、チケットとれても旦那を説得するのも大変だったろうな!
と、負け惜しみを言ってみるアセアセ

当日舞台をご覧になった方の感想を楽しみに待とうと思います爆笑



そんな飛ぶ鳥を落とす勢いの田中圭さん出演ドラマ「ダブルファンタジー」1話を観ました。


WOWOW未加入なので1話のみの視聴。

1話のあらすじは、ざっくり言うと水川あさみが不倫しちゃうまでが描かれてます。

だいたい不倫モノって、そうなっちゃうまでの背景があって「そりゃ不倫しちゃうのも仕方ないよね」って思わせるんですが、これもそのパターン。


脚本家のナツ(水川あさみ)の旦那が眞島さん。


元ディレクターの主夫。

何かとナツを気にかけてる優しい旦那。

きっと私だと蓄えあって優しくて眞島さんなら150%満足なんですが、ナツには「母親」のようと感じる重たい存在。
主夫になったのも熱が冷める一因だったのかも。

ナツが旦那に対して何にも思ってない感じが見ていて気の毒。

ナツに笑顔を向けるたびに気の毒に感じる。

二人には不妊という問題もあるらしい。

で、

母親がイチイチ口だしてる雰囲気。


母親との関係も良好ではなさそう。

母親にも旦那にも本当の自分は見せられず、居心地の悪さがあるのかな。


そんな時に舞台演出家の志澤の舞台の招待状が届きます。

慌ててお礼のメールを送るナツ。

もうノリノリ。


メールのやりとりをしながら、だんだん自分の奥にある淫乱な部分をさらけ出したりしながら、志澤とホテルで密会の約束をします。


志澤、60歳だそうで。

元気だな。


・・・と、全然田中圭でねぇって思ったら、



出たーーー!!

1話はほんの少ししか出ませんでした。

大学時代の先輩で、今は記者の役。


来週から本格始動のようです。


「昔の男」が「第三の男」に見える私はおっさんずラブ沼にハマってるからアセアセ


やはり私は不倫モノが苦手です。


田中圭&眞島さんが出てなかったから1話も観てませんでした。


今思ったけど、

眞島さん、また圭さんに好きな人とられるんだねタラータラー


こんなシーン、ダブルファンタジーでもあるのかな(笑)


↓ダブルファンタジーを観ようと思ったきっかけ。


男に恋する始末って。