「松山千春 野音中止関するコメントその1『理由と経緯』」S5441


松山千春 DATA BESE 総合TOP PAGE   
アーティスト別 LIVE DATA BESE 総合TOP PAGE

松山千春ツアーメンバーSNSリンク

2018年7月16日 「松山千春 ON THE RADIO in 野音」トップページ

 

◇更新履歴

V1.0:2018.7.19 初稿 

松山千春 野音中止関するコメントその1『理由と経緯』

千春本人による野音中止関するコメント全文トップページはこちらをクリック

2018.7.15放送 ラジオ「松山千春ON THE RADIO」

中止の経緯(約5分)

皆さん。
もうすでにご承知という方もいらしゃるかもしれませんが、本来なら明日。
ま、これ生でやってますから、7月16日・海の日に予定してきました「FM NACK5 30th ANNIVERSARY SPECIAL LIVE アサヒ緑健presents『松山千春 ON THE RADIO in 野音』」は中止させて頂くことになりました。

 

毎週のよう「野音が楽しみだ」って言っおりましたが、なんといってもこの猛暑、さらに酷暑ですね。

たまたま。うーん、11日の日か。 な。 大阪へ行くことがあって。
そしたら34℃、35℃。 自分でもう100mも歩けない。

「おい。 これじゃさ。 いや歌、歌えったら、お前。 そりゃ歌えるかもしれないけど、お前。
バンドの連中とかよ、それより何よりもお客さんだよ、お前。

こんなお前、炎天下の中だぞ、な。 勿論、その会場・・な、入る前からだから3時間以上もこの炎天下で。
これはちょっとないよ、きついよ。 中止にしようや。

うーん。俺たちにはやっぱり本当の意味の酷暑、猛暑は分かってなかったんだよ」。


俺はホントに、あんとき大阪に行ってよかった。(強いトーン)

あれ行ってなかったらね、うーん、今日。
たぶんNACK5の銀座スタジオで番組やって、リハーサルなんかまでやってな。
明日、本番迎えたと思うんだ。

けどホントに、皆のこと考えたらさ。(強いトーン)
こりゃちょっと、自分でも許せない。
という思いがね。
強くなって、


「中止しよう。 な。すぐ、これNACK5さんに連絡して・・・。
なんといってもこれ、FM NACK5の30周年記念。 な、アサヒ緑健プレゼンツだから。
やっぱりな主催している皆さんの気持ちもちゃんと聴かなくてはならないから」
と言って、皆で止む無く涙をのんで中止。
という形にさせていただきました。 
誠に申し訳ありません。


いつかまた、こんな猛暑、酷暑ではないときに野音に挑戦させて頂ければ有難いなと思います。
チケット払い戻しについては、今、関係者内で調整中です。
お客さんがお持ちのチケットは、今後払い戻しに必要となりますので、
正式なご案内があるまで大切に保管していただきますようお願い致します。

勿論、一日も早く、どういう方法で払い戻しするか。
これも、やっぱりこういうのは時間、な。
スピードが大切だからな。

 

N現在、以下の検索ランキングにエントリーしています。
よかったら、アクセスして頂けると嬉しいです。

一日一回、ライキングポイントが加算されます。
よろしくお願いいたします。
  
  にほんブログ村     
    

アーティスト・グループ(音楽) ブログランキングへ
人気ブログをblogramで分析
ブログランキング&成分解析

 http://blogram.jp/users/analyze/?uid=138678         
---------------------
YUMENO BLOG ~愛のうた:愛した季節の薫り  From the 1960s to 2020s Music Diary notebook~ 夢野旅人