「1995年12月24日(日) 松山千春 『俺の人生'95』 北海道厚生年金会館 V1.2」S1795
 

 松山千春 DATA BESE 総合TOP PAGE   
アーティスト別 LIVE DATA BESE 総合TOP PAGE

皆様の松山千春『愛が全て』収録曲で好きな3曲   

松山千春ツアーメンバーSNSリンク

松山千春2018春の弾き語りツアーで聴きたい歌 16 を教えてください    NEW

◇更新履歴

 V1.0: 2013.07.25 初稿
V1.1: 2015.12.20 是正

V1.2: 2018.02.14 チケット半券画像を追加

◇チケット半券画像



◇ミュージシャン 
01. ギター(AG):丸山政幸(23)
02. ギター(EG):好永立彦(06)
03. ベース:藤岡(02)
04. ドラムス:小林勝彦 (09)
05. キーボード(S): 夏目一朗(06)
06. キーボード(P): 友成好宏(02)
07. サックス、パーカッション :春名正治(02)

■夢野旅人 2013.7.25
12月23日、夜行列車。

5時に北見駅着、足寄駅に8時に到着。

連れ始めての足寄。


千春記念館→千春の実家→足寄神社→足寄高校→足寄庵に行き食事。 

その後、札幌に入った。


いきつけの鮨屋。

千春の関係者2名と、ももちゃんと立ちゃんが来店。

近くのカウンター席に座っていた。


翌24日、午前。

ラジオを聴きながら横になっていた。


STVラジオ「風にのせて」。

千春が競馬・有馬記念について話していた。

これにノラないわけにはいかないと思う。


「味の三平」のラーメンを食べにいくついで。

狸小路のウインズへ。


千春が話していた馬を一万円分購入。

ホテルで中継を見る。

結果・・・駄目じゃん、千春様・・・・

と、つぶやいて部屋を出て会場に向かう。


札幌のコンサートでは、

久しぶりに一桁台の良席だった。


本編ラストの前。

他界された明さんを振り返り、千春は涙ぐんでいた。

ただし、全体を通して、感傷的な空気感はなかった。


東京でも演奏したが、

大ラスの「メリー・クリスマス」が良かった。

これで人口雪を降らすことができたらと・・・と思った。


正味3時間。

前日の足寄も良かったこともあるのだろう。

自分が見た同ツアーの中では一番印象に残った。


来年は、20周年。

明さんが亡くなったこともあるが感慨がある。

来年、「はまなす」は歌いそうな気がする。


終演後、イルミネーションされた大通り公演をぬけて、ススキノへ。

「だるま」でジンギスカンを食べて、ホブソンズのアイスを食べて寝る。


~以上、当時の手帳からの抜粋~


有馬記念。

何を買ったか記していない。

この年のファン投票の一位はヒシアマゾンで結果5着で、1着がマヤノトップガン。

ヒシアマゾンでも買ったのかなと。


それにしてもラーメン、ジンギスカンに寿司、〆のアイスクリーム。

しかし、この頃も食べることしか考えていないなと・・・。

■セットリスト

松山千春 『俺の人生'95』 1995年12月24日(日) 北海道厚生年金会館

01. 泣いてしまいたい(弾き語り→)

02. 青春Ⅱ
<MC01>

03. 時のいたずら

<MC02>
04. 心が痛い
<MC03>

05. ジュテーム

<MC04>
06. 夜を飛び越えて

---インストゥルメンタル---

07. 手紙
<MC05>

08. 良生ちゃんとポプラ並木
<MC06>

09. 途上
10. 雪
<MC07>

11. 勇気ありがとう

---encore---
12. 夢の旅人(LA95)
<MC08>

13. 俺の人生

14. 真冬の青空
<MC09>

15-1. 季節の中で

15-2. 恋
<MC10>

16. 人生の空から→銀の雨→夜明け

<MC11>

17-1. 悲しい酒(*1)

17-2 与作(*2)

<MC12>

~北の漁場(*3)~

~ホテル・カリフォルニア(*4)~

~22才の別れ(*5)~

18-1. 窓

18-2. もう一度

<MC13>

19-1.. 純-愛する者たちへ-

19-2. 生命

<MC14>

20. メリー・クリスマス


*注意 付番の行にタイトルが複数表示してある場合は、ワンコーラスからフルコーラス未満。 

~タイトル名~=ワン・フレーズ

*1. 悲しい酒・・・作詞:石本美由起/作曲・編曲:古賀政男/OR:美空ひばり

*2. 与作・・・作詞・作曲:七澤公典/編曲:池多孝春/OR:北島三郎 

*3. 北の漁場・・・作詞:新條カオル/作曲:桜田誠一/OR:北島三郎

*4. ホテル・カリフォルニア・・・作詞・作曲:ドン・フェルダー、ドン・ヘンリー、グレン・フライ/OR:イーグルス

*5. 22才の別れ・・・作詞:作詞:伊勢正三/OR:風 /かぐや姫(LIVE盤『かぐや姫LIVE』収録

N↓現在、以下の検索ランキングにエントリーしています。
よかったら、アクセスして頂けると嬉しいです。
一日一回、ライキングポイントが加算されます。 

よろしくお願いいたします。

にほんブログ村              
 

アーティスト・グループ(音楽) ブログランキングへ

人気ブログをblogramで分析
ブログランキング&成分解析

http://blogram.jp/users/analyze/?uid=138678         
---------------------
YUMENO BLOG ~愛のうた::愛した季節の薫り~ 夢野旅人