~235~

テーマ:
えーっと・・・

ブログ更新するぞー!と、言っていたその口はどちらへ行ってしまったのでしょうか・・・

お久しぶりのブログ更新です涙



明日は、235がアイスリボンから、そしてプロレスから卒業をします。


私がアイスリボン所属になった時、235はまだデビュー数ヶ月?だったかなー。

でも、図々しい部分と、とても気遣いが出来る部分と、『ザ・B型女』な部分に惹かれ、プライベートでも自然と仲良くなりました。

一緒に海や遊園地やパワースポットめぐりや、にじ屋さんや…コンサートや舞台も一緒に行きました。
色々とお出かけをしたのです。


アイスリボンでは、私がプロサーコーチをしていた時、かなり助けてもらいました。


ちゃんこを作っていると、235とくるみは必ず『手伝います!』と声をかけてくれます。


バス移動の時、私が腰痛に苦しんでいたら、肩をかしてくれるのも235でした。



体調の悪い選手がいて、私がお手洗いで介抱をしていたら、隣でティッシュボックスを持ってずっと立っていてくれました。

でも、お手洗いを使用したくなった235は、何を思ったのか、具合の悪い選手に『すみません、235お手洗いを使いたいです』と話しかけ、『ふみちゃんは元気なんだから一人で隣の個室に入ってきなさい!』と、私に叱られるという…謎の出来事もありました。



寮に泊まる時、お布団が足りなくて、235と一緒のお布団で眠った回数は、数えきれません。

そして、寝相が悪く、蹴飛ばされた回数も、数えきれません。



一緒にレストランでお食事をしている時。

会話中に、急に泣き出したりするもので、『お願い!ふみちゃん!ここではやめて!頼みます!お願いします!』と、謎のお願いをしたこともありました。笑


お酒は弱く、『焼酎水割りうすめ、チェイサーつき』という、もはや水だよね?という飲み物を飲んでいたり…


二人で笑いすぎて、息が止まりそうになったことも沢山。

『ふみちゃん!お願い!息だけさせて!』と、またも謎のお願いをしたこともあります。


私自身に悲しい出来事があった時、隣で一緒に泣いてくれたことも・・・
私はあの日を一生忘れないよ。
・・・多分、235はもう忘れていると思います。笑

寝起きの機嫌が悪く、全然起きてくれない低血圧235が、練習量を増やしたことにより血圧が安定し、ここ1、2年で朝に強い子になりました。


235を語らせたら、一晩では足りないくらい沢山の思い出があります。


お花のお水やりは、いつもふみちゃんがしてくれていたね。



前日から海に行こう!と約束していたのに、二人でダラダラしてしまって、海に着いたのは夕方だったね。



ハム子宅で、乱丸と遊んだね。



いつも私は235を気にかけていたけれど、235も私をいつも気にかけてくれていたね。







夏場のジャグは、いつも235が片付けてくれていたね。
残った麦茶をペットボトルに入れていたよね。



よく私に捕獲され・・・


カラオケを唄っても誰にも聞いてもらえず・・・



そんな235が私は大好きです。


コスチュームのデザインをさせてくれて、ありがとう。


どんくさいところが他人に思えなくて、私の現役時代のコスチュームと同じ部分を作りました。ちょっと図々しかったね。ごめんよ。



ラーメンの汁や焼き肉のタレを必ずこぼすくせに、そういう時に限っていつも白い服を着てくる235。




まだまだ沢山、沢山思い出があります。

そして、プロレスを卒業しても、これからまだまだ沢山、沢山思い出を作って行きたいです。


泣かずに笑顔でリングを去ると言っていたけれど、絶対235は泣きます。

私こそ、プロレスラー235を、泣かずに見送りたいと思います。


235!!
プロレスラーになってくれて、ありがとう。
これからも、大好きです❤



んー。きっと私も無理だな!!泣くわね!!