みなさん、こんにちは。

 

前田千文です。

 

今日は泰日経済技術振興協会で打合せです。

 

 

~~~~~

 

【私のモットー】

企業活動を通じて

人々の意識進化に貢献する

 

~~~~~~


 

私が普段から、

 

社員に口うるさく言っている事があります。

 

それは、

 

“間違い”ではなく、

 

間違いは“信用問題”

 

ということです。

 


 

仕事の中で、

当然ながら間違うことがあります。

 

例えば

 

キャッシャーの仕事をしているのであれば、

 

お金の計算間違いをすることもありますし、

 

領収書を書き間違えることだってあります。

 

何かの間違いをしたときに

 

「ただの間違いだから、問題ない」

 

と思うか、

 

「間違いをしてしまったので、

最悪、信用問題になる」

 

と思うかで、

 

仕事の仕方が全然異なってきます。



 

私の会社は、

 

翻訳をしているのですが、

あってはいけないこととして

 

「タイプミス」

 

があります。

 

当然ながら

 

「翻訳の間違え」

 

は絶対にあってはならないことです。

 

 

ほんの些細な事と思われがちですが、

違います。

 

 

品質に関しては、

 

100%か0%と考えています。

 

 

100%の品質で、

 

初めて「普通」と評価されます。

 

 

品質が90%、80%・・・20%・・・。

 

100%以外は、

 

0%(=不良品)と評価されてしまいます。

 

市場は

このように評価するということを、


どのくらいの人が

自覚しているのでしょうか?

 

 

階段は登るのは大変です。

 

しかし、

転げ落ちる時はあっという間です。


 

信用も同じです。

 

信用を積み上げるのは

長い年月がかかります。


 

しかし、失う時は一瞬です。 

 

 

ご自身の仕事、

 

そして存在が、

 

どのくらい会社の信用を左右するか、

 

考えたことがあるでしょうか。

 

 

また、最終的に巡り巡って

 

自分の評価と関連し、

 

頂くお給料に反映されるということを

 

知っているのでしょうか?

 

 

会社という組織では、

 

たった1ミリの油断が、

 

ある日大きな穴となり、

 

会社が倒産することが普通にあります。

 

 

では、どうしたら良いのか?

 

 

1人1人の考え、

 

感情、行動の全てにより、

 

全てが創りだされている・・・と


自覚することだと考えます。

 

そして、


自分で自分自身を律することです。



 

これは自分への自戒も込めて…

 

何かのご参考になれば幸いです。

 

 

~~~~

 

読んでいただきありがとうございました。

応援宜しくお願い致します。


にほんブログ村

 

~~~~~

 

 

 

 

{A45F1BED-7739-4FD7-A5C0-46B02F7EBF82}

 

 

~~~~~~

NGOミニマムの活動を支援しております。
タイにおける難民支援活動


~~~~~~