余計なことを!!

テーマ:

昨日の

 

仕事において“サービス精神”が難しく感じる時

 

とちょっと関連があることを思い出しました。

 

 

だいぶ前の話になりますが

 

当社に所属している通訳者Aさんの話です。

 

~~~~~~~

 

 

Aさんは視察の通訳として

ある会社に派遣されました。

 

期間は3日間。

 

依頼主は

タイ現地法人の佐藤様(仮名)

 

 

この日、

日本本社から社長が来て

社長、佐藤様、Aさんの3人で

バンコク市内のスーパーへ行きました。

 

日本から来た社長は

 

 

タイの人の嗜好が知りたい

 

 

現地の価格水準を知るには

市場や現地のスーパーを見るのが良い

 

 

という要望があり

 

そこでスーパーめぐりをします。

 

 

社長:

「佐藤さん、これはなんと言う商品なの?

何に使うの?」

 

佐藤さん:

「いや、僕はタイ語は読めませんので...」

 

社長:

「じゃ、Aさん、これはなんと言う商品なの?

何に使うの?」

 

Aさん:

「これは、○○という商品です。

○○という料理に使われますね。

家庭で一般的に食べられていますよ」

 

社長:

「ほぉ~。じゃ、これは?」

 

 

こんなやり取りが続きます。

 

 

3日後...

 

Aさんから当社にこんな業務報告がありました。

 

 

お客様が大変満足されて、

お帰りになりました~。

 

 

そして、上記の様なやり取りがあったと

報告してくれました。

 

 

電話口の声は明るく

とっても良い仕事だったんだ・・・

 

と雰囲気が伝わりました。

 

 

・・・で、

佐藤さんへお礼の電話をしたところ

 

 

今回の通訳!

 

まったく良くなかった!

 

余計なことばっかりして、

恥をかかされた!

 

と・・・

 

 

再度、Aさんに連絡したところ...

 

 

実は、最終日に

社長が佐藤さんにこう言ったんです。

 

 

『佐藤、君、タイに1年以上もいるのに

何も知らないんだな?

 

タイ語学校にも行っただろ?

 

もっと現地のことを知る努力をしないと

タイに駐在する意味ないよ・・・』

 

~~~~~

 

Aさんはこれを聞いたとき

 

正直、

 

まずいな・・・

 

と思ったそうです。

 

 

目の前に相手はいるので

答えないわけにはいかないし...

 

社長から感謝はされたけど

結果論として、

依頼主である佐藤さんの気分を害したのは

まずかった...

 

と。

 

 

昨日「サービス精神」の話題を書きましたが

この話しを思い出したときに

 

簡単に言うと、

 

バランス...?

 

加減...?

 

 

人が絡むことだから

難しいな~ と。

 

 

Aさんには

 

 

人が10人いたら

10人とも反応が違うのは当たり前なので...

 

社長が喜んでくれたのは

良かったのでは?

 

依頼主は佐藤さんだけど

視察をしたのは社長だから...

 

 

と伝えたことを

ふと思い出しました。

 

 

何かのご参考になれば幸いです。

 

タイは本日から3連休となります。 

~~~~~~~

 

 

ブログランキングに参加しております。

ポチッと押していただけると やる気が出ます。

にほんブログ村 経営ブログ 女性社長へ
にほんブログ村


{E9D82CB2-C482-463B-B756-788DC0B65C7F}

当社の入口の様子です。
過去の出版物を展示しております。



 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD