メンタル高くても大事なのはやっぱり基本 | 心身を癒す整膚(せいふ)のサロン『ちえとこ』 in 三重県鈴鹿市

心身を癒す整膚(せいふ)のサロン『ちえとこ』 in 三重県鈴鹿市

「あ~気持ちいい」のお声を大事にしています。
肌をつまんで引っぱる【整膚(せいふ)】の優しい刺激が、貴女の心と身体を心地よくほぐします。
肩コリ、腰痛、冷え性、むくみ、疲労、不眠などでお悩みの方に。

三重県鈴鹿市にあるサロンちえとこのブログにようこそ  


心と身体を軽くする整膚セラピスト、ヨシトミです。    



知り合いにこんな本を借りて読みました。


福島正伸さんといえば、この本の帯にもあるように、モチベーションマネジメントの第一人者であり、カリスマコンサルタント。


ほぼ毎日、人の夢を応援する講演会を行い、年に4,5冊本を書き、かたや会社経営もされる。


この本は、そんな福島さんが、喉のガンになられ、治療を受け、また復活した、というお話。


福島さんは、ガンと宣告されてから、一人の医師の話を鵜呑みにせず、あらゆる病院・医師を巡り、意見を聞き、治療法を決められました。


講演家ゆえ、治療後話せる状態にならないと治療の意味がない。


ただ手術をすると声が出なくなると告げられ、それは困る、と…


食事療法なども試したが、最終的に、放射線の一種であり陽子線治療を選択。


治療を受け、想像を絶する壮絶な副作用に苦しみながらも、ガンを抹消し、後遺症もありながらもまた講演家として復活されてます。


ホントにざっくりなあらすじはこんな感じ。


で私がこの本を読んで先ず思ったこと。
これは私がたくさんの方に伝えたいことでもあること。


それは…


いくらメンタルが高くても、健康の基本である食事、睡眠、運動がめちゃくちゃだったら、病気にはなる。


福島さんは、講演家として、全国を飛び回り人を応援し、夢や勇気を与えるお仕事をされている方なので、すこぶるメンタル高いじゃないですか。


でも、その生活習慣は、本にも書かれていますが、めちゃくちゃだった。


常に時間に追われ、睡眠不足。食事は移動の車の中で、パンを飲み物で流し込む。


それを長年続けてきた福島さんのお身体は、ガンになった頃、ボロボロで限界を越えていたのでしょう。


だから、病気がやってきた、のです。


病は気から、というので、実は私もこの本を読むまでは、心のどこかで、「気持ちが前向きで、高い状態なら、生活習慣が悪くても、それをカバーできるのかも?」なんて、思ったりもしてました。


でも、この本を読んで「いや、そんなことはやっぱりないんだ。」と確信しました。


気持ちさえ前向きなら、メンタルが高ければ、生活習慣が悪くても、病気にはならない、なんてそんなことはない。


むしろメンタル高い人は、自分の健康、身体を余計に過信しやすい気もします。


だから病気になる時は、大病になりやすい。


心持ち、メンタルはとても大切です。
でもそれも、健康の三大要素ー栄養・運動・睡眠のバランスがとれていてこそなんだ、ということを、この本で改めて実感した次第です。


働き者の日本人は、福島さんまではいかなくても、結構睡眠不足、食事が不規則で偏ってる、という方多いのでは。


人を元気にするためには、まず自分が本当の意味で元気でいること。


自分の身体が元気でいるためには、
身体を作っている食べ物を何を選ぶか? 
身体を休ませて疲労をとる睡眠をいかにとるか?

が大事ですね。





読んで下さりありがとうございますラブラブ


サロンちえとこ  
鈴鹿市岸岡町  
090-9174-5811