上善は水の如し | 心身を癒す整膚(せいふ)のサロン『ちえとこ』 in 三重県鈴鹿市
新型コロナウイルスに関する情報について

心身を癒す整膚(せいふ)のサロン『ちえとこ』 in 三重県鈴鹿市

「あ~気持ちいい」のお声を大事にしています。
肌をつまんで引っぱる【整膚(せいふ)】の優しい刺激が、貴女の心と身体を心地よくほぐします。
肩コリ、腰痛、冷え性、むくみ、疲労、不眠などでお悩みの方に。

三重県鈴鹿市にあるサロンちえとこのブログにようこそ  

心と身体を軽くする整膚セラピスト、ヨシトミです。    



上善は水の如し(上善如水)


この言葉をご存知ですか?


上善如水というお酒もあるようなので、お酒好きな方はご存知かも?😁


私は最近知りました。
でも意味を知って、これを座右の銘にしよう!と思うくらい心に響いた言葉です✨


普段当たり前のようにある「水」
この「水」の在り方が、人間にとって理想の生き方だとして老子が言った言葉だそうです。


水は丸い器に入れれば丸く、四角い器に入れれば四角くなる。

万物を潤しながら、おごることも争うこともなく、常に低いところに留まろうとする。


『極めて柔軟で謙虚』


それでいて、急流ともなれば硬い岩を押し流したり、削ったりする強固な意思を奥に秘めている。

また時には水蒸気となって姿を変える。


その姿は臨機応変、自由自在である。


やわらかでしなやかでありながら、実は何よりも強い。


そんな水のような生き方って理想だなぁ。


私はしなやかさも奥に秘めた強さもどちらもない〜😓💦💦💦


どちらかというと、割りばしのような感じ😓


曲がらないからしなやかさゼロ。曲げようとするとある程度は頑張れるけど、途中でボキッと折れちゃう💦


水は有難いものだがら、水を大事にして感謝しよう!とはよく言われることですが、水の在り方そのものについて考えたことなんてなかった。


そんな水の在り方に気付き、最上の善いものだと捉えた老子。その着眼点の素晴らしさ✨


水のような生き方を少しでも生活の中に取り入れよう!と思います。



読んで下さりありがとうございますラブラブ


サロンちえとこ  
鈴鹿市岸岡町  
090-9174-5811