身体の声を聴く | 心身を癒す整膚(せいふ)のサロン『ちえとこ』 in 三重県鈴鹿市

心身を癒す整膚(せいふ)のサロン『ちえとこ』 in 三重県鈴鹿市

「あ~気持ちいい」のお声を大事にしています。
肌をつまんで引っぱる【整膚(せいふ)】の優しい刺激が、貴女の心と身体を心地よくほぐします。
肩コリ、腰痛、冷え性、むくみ、疲労、不眠などでお悩みの方に。

三重県鈴鹿市にあるサロンちえとこのブログにようこそ  

心と身体を軽くする整膚セラピスト、ヨシトミです。    



今日はミキプルーンのミキさんの春のつどいの講演を聴きに行ってきました。


講演は「薬を使わない薬剤師」と呼ばれる宇多川久美子先生。


宇多川先生は現在61歳だそうですが、とても可愛らしくて、声も若くてステキ✨


声だけ聴くと、30歳でもとおる。ベレー帽かぶって、白いブラウスにが赤いチェック柄のガウチョパンツ。


年間150の講演をこなしているそう。


薬剤師なのに、薬を使わない。
薬剤師だから気付けた薬の怖さからかもしれませんね。


宇多川先生が強調されていたのは、「薬を飲むと、身体の声がきこえなくなる」ということ。


薬で症状を抑えてしまうと、なぜ身体がその症状を出しているのか?を考えなくなってしまう。


患者さんの中には、薬をいっぱいだしてもらわないと納得しない人もいるようですが、飲む薬の種類が増えるのは、病状が悪化している、ということ。結局薬で治るわけではない、ということですね。


ホントに薬で病気や症状が治るなら、薬の量が増えることはないはず。


生活習慣病は、生活習慣が乱れているからなるので、生活習慣を改めなければ治らない。


などなど、いっぱい共感ポイントありました。


今話題のコロナウイルスの話もありました。それはまた次に。



読んで下さりありがとうございますラブラブ


サロンちえとこ  
鈴鹿市岸岡町  
090-9174-5811   
https://www.salon-chietoko.com/