思考のクセに気付く | 心身を癒す整膚(せいふ)のサロン『ちえとこ』 in 三重県鈴鹿市

心身を癒す整膚(せいふ)のサロン『ちえとこ』 in 三重県鈴鹿市

「あ~気持ちいい」のお声を大事にしています。
肌をつまんで引っぱる【整膚(せいふ)】の優しい刺激が、貴女の心と身体を心地よくほぐします。
肩コリ、腰痛、冷え性、むくみ、疲労、不眠などでお悩みの方に。

三重県鈴鹿市にあるサロンちえとこのブログにようこそ  

心と身体を軽くする整膚セラピスト、ヨシトミです。    


一昨日書いた認知行動療法の中の「思考の歪み」について、もう少し私なりに掘り下げてみますね。


どんな人にも『思考のクセ』というものがあると思います。


朝目覚めてまず何を考えますか?


この朝一番に頭に浮かんでくることで、恐らくその人の思考のクセが分かるのではないかなーと思います。


寝ている間に脳はちゃんと頭の中を整理してくれていますが、目覚めたばかりは、まだ脳もちゃんと働くモードにはなっていないので、そんなに色々考えられないでしょう。


そんな状態の時に自然に頭に浮かんでくることは、無意識の次元なので、どういうことが浮かんでくるかで、普段から自分がどんな思考をしているかが分かるな、と気付きました。


それはプラスのこと、楽しいこと?


それともマイナスのこと、楽しくないこと、やらなければならないこと?


毎日ではなくても、大体いつも目覚めると、その日にやらなければならないことや、昨日起きたイヤなこと、心配事などが浮かんでくる人は、楽しいことよりマイナスのことを考える思考のクセがある、と思われます。


逆に、目覚めてまず今日あるであろう楽しいこと、やりたいこと、昨日あった楽しかったことなどが浮かんでくる人は、プラスのことを考える思考のクセがあります。


クセというのは、言葉や動作にも現れますが、考え方にもクセがつくんですね。


目覚めてまずマイナスのこと、気分がよくならないこと、テンションが下がることを考えるクセのある人は、思考に歪みが起きやすく、それが体にも影響することが多いのではないでしょうか?


まずは自分の思考のクセがどうなっているのか、気付くことが第一歩ですね‼️




読んで下さりありがとうございますラブラブ


サロンちえとこ  
鈴鹿市岸岡町  
090-9174-5811