仕事はなんのため? | 心身を癒す整膚(せいふ)のサロン『ちえとこ』 in 三重県鈴鹿市

心身を癒す整膚(せいふ)のサロン『ちえとこ』 in 三重県鈴鹿市

「あ~気持ちいい」のお声を大事にしています。
肌をつまんで引っぱる【整膚(せいふ)】の優しい刺激が、貴女の心と身体を心地よくほぐします。
肩コリ、腰痛、冷え性、むくみ、疲労、不眠などでお悩みの方に。


テーマ:
三重県鈴鹿市にあるサロンちえとこのブログにようこそ  

心と身体を軽くする整膚セラピスト、ヨシトミです。    



西亀真さんという方を、以前にご紹介したことがあったかと思います。


西亀さんは現在62歳。47歳の時に失明して全盲になってから、一度は失いかけた自信を取り戻すため、自分で作った枠を外してゼロ(できない)からイチ(できる)にするため、日本全国47都道府県のひとり旅を決行した方。


私は西亀さん主催の心眼塾セミナーを受講したことがあって、とっても穏やかでステキな方です😊


その西亀さんが出版された「幸せの入口屋  いらっしゃいませ」という本の中に、こんな一節があります。


「何か事業を行うとき、人脈があれば事業が有利に働くから、人脈が大切なのだ」
社会に出てから、ずっとそう考えてきました。
ところが、真逆だったのです。

「幸せな人生を生きるためには、良き仲間をつくることが大切なのだ。事業を行うのは、そのための手段に過ぎない」

幸せな人生とは、「事業を有利に働かせること」ではありません。「良き仲間に恵まれること」なのです。


これを読んでハッとしました。


恐らくどんな経営者も、特に商売をしている方は、商売を成功させるために人脈を広げねば、と考えている方が多いと思います。


私もそう考えていました。


だけど、例え事業が成功しても、お金持ちになっても、周りに信頼しあえる人が誰もいなかったら、そんな人生は本当に幸せなんだろうか?


仕事は、自分や家族の生活のためや、自分の張り合い、夢などのために必要。でもその先にあるのは、人。


私もこの本の一節を読んでから、仕事のために人脈を広げる、という考えはやめ、良き仲間に出会うために、仕事や活動をしようと思いました。


サロンに来て下さるお客さまとも、お客さまとセラピストという関係を越えて、良き仲間になれたら嬉しいな💕と思っています😊


ちなみに、上記西亀さんの本は、サロンの本棚に置いて、見て頂けるようになっています。ご希望の方には貸し出しもしておりますよ😉



読んで下さりありがとうございますラブラブ


サロンちえとこ  
鈴鹿市岸岡町  
090-9174-5811   

サロンちえとこさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ