薬がいらなくなる本 | 心身を癒す整膚(せいふ)のサロン『ちえとこ』 in 三重県鈴鹿市

心身を癒す整膚(せいふ)のサロン『ちえとこ』 in 三重県鈴鹿市

「あ~気持ちいい」のお声を大事にしています。
肌をつまんで引っぱる【整膚(せいふ)】の優しい刺激が、貴女の心と身体を心地よくほぐします。
肩コリ、腰痛、冷え性、むくみ、疲労、不眠などでお悩みの方に。


テーマ:
三重県鈴鹿市にあるサロンちえとこのブログにようこそ  

心と身体を軽くする整膚セラピスト、ヨシトミです。    



最近こんな本が出たよ、と教えてもらったので、その足で買いに行きました。

この本、お医者さんが書いています。


650円ですし、中身も⬇️こんな感じで読みやすいし、分かりやすい。


ので、薬を飲んでいる方には特に、読んで頂きたいなぁ。


薬大国、薬信仰の日本🇯🇵。薬のために逆に身体をおかしくしていることも多々ある、などなど、お医者さんだからこそ言えることが、色々書かれていますよ。


医者は病気のエキスパートだけど、薬のエキスパートではないそうです。医学部に薬の処方を教える授業はないんですって‼️😱


そう考えると、薬学部は6年間も薬のことを勉強しているのに、処方箋を書くのはエキスパートではない医者。薬剤師は医者が書いた処方箋に従って薬を出すだけ、ってなんかおかしいですね。


病院や薬には、なぜか「必要なモノ」という思い込みがあるせいか、誰かが儲けるためにやっている、という概念が抜け落ちていますが、結局他の商売と同じで医者も製薬会社も儲けないとやっていけないので、患者の身体を本当に考えている訳ではない、ということです。


全部とは言いませんが、この本の表紙にも書いてある通り、9割はそうだ、ということです。


今常用している薬、本当に必要ですか?



読んで下さりありがとうございますラブラブ


サロンちえとこ  
鈴鹿市岸岡町  
090-9174-5811   

サロンちえとこさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ