生かすより幸せのために | 心身を癒す整膚(せいふ)のサロン『ちえとこ』 in 三重県鈴鹿市

心身を癒す整膚(せいふ)のサロン『ちえとこ』 in 三重県鈴鹿市

「あ~気持ちいい」のお声を大事にしています。
肌をつまんで引っぱる【整膚(せいふ)】の優しい刺激が、貴女の心と身体を心地よくほぐします。
肩コリ、腰痛、冷え性、むくみ、疲労、不眠などでお悩みの方に。


テーマ:
三重県鈴鹿市にあるサロンちえとこのブログにようこそ  

心と身体を軽くする整膚セラピスト、ヨシトミです。    



昨日の講演会の東口先生がおっしゃっていたことで、もう一つ心に残ったこと。


東口先生は、ガン患者を生かすために、腫瘍を摘出する手術をされていたけど、ある時、初めて腫瘍を切り取らず、内臓がちゃんと機能するための簡単な処置だけの手術をされたそうです。


その患者さんは末期ガンのおじいちゃんで、お孫さんの結婚式に出席したい、という願いがあったそうです。


そうして、おじいちゃんはうちに戻り、穏やかな生活をして、無事お孫さんの結婚式に出席されただけでなく、それから5年生きられたそうです。


そして、おじいちゃんは先生に「すごく幸せな生活が送れた」と言ったと。


この時先生が思ったのは、今まで患者を生かすために手術してきたけど、そうではなくて、これからは患者さんの幸せのために治療をしよう!と。



恐らくこの背景には、手術をした患者さんが皆さんよくなって幸せに暮らしている訳ではない、という現実があるのかな、と思います。


腫瘍摘出手術や抗がん剤投与をすれば、とりあえず一時的にガンから解放されるけど、その分身体への負担も大きく、予後が決していいとは限らないのかもしれません。


患者さんにとって、どうすることが一番幸せなのか?



幸せの在り方は人それぞれ。



今は医者にかかれば延命治療される傾向にありますが、それが果たして本人にとって幸せかどうか?



出会うなら、こうやって考えてくれるお医者さんに出会いたいですね。



読んで下さりありがとうございますラブラブ



サロンちえとこ  
鈴鹿市岸岡町  
090-9174-5811   

サロンちえとこさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス