おかえりなさい

テーマ:

2018年も半分が終わりましたね。

日本で家族揃って新年をお祝いしたのが半年も前だなんて信じられない。。。
















今年も買い付けの旅でアメリカに帰って来た
りかちゃん🎶




亮子ちゃんの愛娘・真菜実さんの6歳のお誕生日会に出席させてもらい、
羊を捌く作業のお手伝い。

たっくさん写真を撮ったのだけれどなかなかの生々しさなのでブログに載せるのは断念。。。
りかちゃんと亮子ちゃんが一緒に作業。
お喋りに花を咲かせながらも慣れた手つきと流れで羊を捌いていくNavajo族の女性たちに紛れて貴重な体験をさせてもらい、
りかちゃんアメリカ入国後24時間以内にさっそく素晴らしい思い出が出来たのではないかと。


亮子ちゃん、
ありがとう‼️







羊肉を食べる機会はこれまでほとんどなかったのだけれど、
この日食べた羊肉のグリルに感激!
そしてその命をいただいていることに感謝。






賑やかな色合いのお誕生日ケーキ‼︎
真菜実さん、
お誕生日おめでとう
☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆














翌日は
Jimの畑へ行ったり
泉を見に行ったり。
風は強かったけれど
湖のそばでほけ〜っ。。。





夕方Jimのトラックの荷台に乗せてもらい
箱乗り状態で山々を眺める笑




夜はJimシェフによるBBQで
Zuniにお帰りなさ〜い‼︎
お仕事がスムーズに進みますように〜‼︎
の乾杯
♪(*^^)o∀*∀o(^^*)♪*∀o(^^*)♪












 

翌日からりかちゃんはお仕事に奮闘
٩(๑❛ᴗ❛๑)۶
そして毎晩晩酌にお付き合い頂きました笑








日帰りでHopiへ行く日は同行させてもらい、
や〜ば〜い〜〜〜‼︎
( ̄▽ ̄;)
と言いながら良い買い物が出来、、、
アーティストさんたちにも再会や初対面🎶

りかちゃんのおかげで
素晴らしい一日を過ごすことが出来ました
(๑>◡<๑)












  

旅の終盤、
Albuquerqueへも一緒に行き出張帰りのJimと合流。


りかちゃん滞在中Jimは出張で不在。
今回の旅中ではJimとりかちゃんが一緒に過ごせる最後の夜だったので、
ちょっとドレスアップして外食してみるってのはどうかしら⁇
ということでドレスアップ🎶
プラスHopiでお揃いで手に入れたピアスをつけてディナーへ。
ふとしたタイミングでりかちゃんは私に、
私はりかちゃんに。
そのピアス素敵だわ〜
と言い合ったのはここだけの話笑笑














翌朝JimはZuniへ帰って行き、
りかちゃんと私はAlbuquerqueのアンティークショップと古着屋さんを見て回り、
ランチタイム以外嬉し楽しい歩きっぱなし。

この日も良い買い物が出来て大満足〜
♪(๑ᴖ◡ᴖ๑)♪














翌日は今回の旅の最終日、
Albuquerqueから約1時間ちょっとのところにあるChimayoへ。


そして買い付けを全て終えほっとしたりかちゃんと
可愛いレストランでランチ。
私もひとまずほっとした〜
(=^ェ^=)














翌朝りかちゃんは日本へ向けて出発。

お家に到着したと連絡をもらえ、
今年のりかちゃんの旅が無事に終わったことをJimとふたりで喜んだのでした。














Zuniに住み始めて約9年ほどになりますが、
まだまだ不慣れなことばかり。

今回部分的とはいえりかちゃんの旅に同行させてもらえたことで、
Jimをはじめ色んな人たちに教えてもらいながらこれまでの間に学んできたことが少なからず身に付いていることを改めて実感することが出来、
それがこれからの自信に繋がっていくんだろうなと思いました。



自信を少しずつ積み重ねながら、
でも変わらず鈍臭いので自分自身を完全に信用し過ぎることはなく笑、

着実に歩みを進めて行きたいところ。
















たっくさんお土産を頂いた上に貴重な経験を積ませてもらえ、
いただいてばかりの日々。。。

たっくさん笑って嬉しい笑い皺刻めた〜、
ありがとう、りかちゃん‼️

また来年のおかえりを楽しみにしてる〜
❤️(=´∀`)人(´∀`=)❤️

再会

テーマ:

Cortez・Arizona州からひろみさん家族がいらっしゃるので良かったらご一緒しませんか?

と亮子ちゃんから連絡をもらい、
昨年12月以来の再会ランチに私もお邪魔させてもらいました🎶











たこ焼きならぬえび焼きを焼いてくれたり、
ポークリブを焼いてくれていたりと豪華なランチ。
テラスでお日様浴びながらのランチはほんっと気持ち良く、
でも眩しがりな私はサングラスかけてましたけど、、、
あ、亮子ちゃんも眩しそうだねぇ、、、。






広いお庭で子供たちはひたすら遊ぶ!
たーくんは日に日に力強い歩みで勇ましく、
見ていて惚れ惚れするわ❤️

Steveが馬を見せてくれ
子供たちが子馬に乗せてもらって少し緊張している姿はまたなんとも可愛いく、
美しい馬たちとその調教に
すごいねぇ〜、、、とただただ感心。








Steveのスタジオを見せてもらってる間に
遊び疲れてお腹の空いた子供たちは
おやつタイム🎶
















子供たちが元気に遊んでるのを見ながら、

いやほとんどひろみさんの旦那さま・ヨシさんが見てくださっていたのだけれど、、、

テラスに日陰を作ってくれてから出掛けて行ったSteveのおかげで、
心地良い風が吹く中ひろみさんと亮子ちゃんと私で喋る喋る🎶






子供たちがはしゃいでいる声をBGMに青空の下風に吹かれながら、
時に砂埃が舞って砂だらけになり大笑いしながら、
ほけ〜っと過ごす時間。。。










根が生えてしまい、
予定していたよりも大幅に時間オーバーしてからようやく重い腰を上げてZuniへ戻ったのでした。







いやぁ〜
ありがたい時間でした。



ありがとう❤️

卒業式

テーマ:

初めましての頃、
こんなに幼く
お転婆ちゃんだったPoviが、






高校を卒業しました。
卒業式ではスピーチをして
スピーチの内容全ては理解出来なかったけれど…
友人たちを想う優しいPoviらしいスピーチに涙
(T ^ T)






卒業生たちが
それぞれの家族の元へ感謝の花を手渡しに行き
ハグする姿にさらに号泣
(T ^ T)(T ^ T)
じーちゃんばーちゃんも孫の成長に涙でした。






スピーチも無事終わったし卒業証書ももらって
ようやくいつものPoviの笑顔❤️








 





お家に帰って来てからは撮影会の始まり始まり🎶
Jimおじちゃん、
腰が痛いとかぼやくことなく必死です笑笑




























同じ日、
近くにある別の高校でも卒業式があったらしく
Poviの男友達も自分たちの卒業式の後お祝いに駆けつけてくれました、
双子くん🎶














これからは大学生になるPovi、
どんな風に歩んでいくのか楽しみです。

卒業おめでとう❤️













Hopeの高校卒業式にはJimの出張のため出席出来なかった私たち、
Poviの卒業式に出席することが出来て本当に良かったと思います。


7月でPoviは18歳、
Hopeは21歳。

これまで以上にそれぞれがそれぞれの世界観を持ち始めるお年頃。



たくさんの人たちに出逢って
ふたりの優しく美しい心がさらに花開くと良いなぁと思うのでした❤️

Phoenix2日目はAmerican Flat Trackのレースを見に行きました☆



Jimはバイク、車、自転車のレースを見るのが好きでTVでよく見ていますが、
仕事とのタイミングが合わず実際にレースを見に行く機会はなかなか作れませんでした。



なので、
念願叶ってのレース観戦です
☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆











滅多に行けないのだから!
と一番良いチケットを購入。

席は決まっておらず
自由に色んなところを行き来出来ます。
最上階から見たレーストラック。
通常は馬のレースをする場所です。
まずは駆けつけ一杯のブラッディメアリー🎶

New Orleansで久しぶりに飲んでから
再び私たちの中で流行ってます笑




レースが始まるまではランチを食べたり
レーサーたちが準備しているところを眺めたり
レース前のウォーミングアップをレーストラックすぐそばから見たり
各会社が出しているブースで買い物をしたり。




私たちが購入したチケットは決まった時間内レーサーたちと交流することも出来たので
各レーサーのテントを周り、
どんな設備があるのかも間近で見ることが出来ました。



Jimのお気に入りレーサー、
Shayna Texter、
Brad Baker。
Kolby Carlile。





Jimは常々男勝りの活発な女の子を応援したいようで、
それは年齢、職業など関係なく。

なので1枚目の写真のレーサー・Shayna Texterや
この座っている女性。
チームのエンジニア&メカニックのリーダーに女性がなるのは稀なんだそうで、
気になるから話しかけたいけどJimにしては珍しく話しかけられなかった、の写真苦笑




Jim少年がひたすら嬉しそうだったので、
私もひたすら楽しんだ〜〜〜
*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*







そして嬉しい出逢いもありまして。
右から
ケイ&デニス、
ケン&ジェン、
2組の夫婦と同席。

席は決まっておらず自由に移動して良いので他のテーブルは座る人が入れ替わり立ち代わりなのに、
私たちのテーブルだけはレースとレースとの間の空き時間必ず同じテーブルに戻って6人でお話して。



デニスは元バイクのレーサーでヤマハやカワサキのレーサーとして日本でレースに参加したこともあるそうで、
奥様・ケイは元車のレーサー。

ケンとジェンはこのレースを見るためにテキサス州からそれぞれバイクに乗って来たんだとか。


60年代のあのレースは見たか⁇
70年代のあのレースはどうだったよね⁈
と私以外の5人が長年バイクレースファンであることがすぐにわかる会話笑笑

バイクの専門的な単語もあったので話の内容は半分以上理解出来なかったけれど、
話している5人のたっのしそうな前のめりの姿勢で話す姿で私は十分楽しめたのでした。








お天気が良かったこともあり空気が乾燥し過ぎていくら水を撒いてもレーストラックの状態はレーサーにとって納得いくものではなかったのか、
レーストラックを整備するのに時間がかかり
日が落ちてきたので最後のレースは周数を減らして予定より2時間半遅れて全てのレースが終了。













素晴らしい体験が出来た一日でした。



ありがとう、Jim❤️

Phoenix

テーマ:

New York出張から帰宅して丸1日我が家で過ごした翌朝、
Jimの出張同行第3弾Phoenix・Arizona州へ☆







我が家からPhoenixは車で約5時間。
到着後すぐにミーティングへ行き、
今回のPhoenixでのお仕事は終わり!



短いですがJimのプチヴァケーションの
始まり始まり〜🎶
ということでブラッディメアリーで乾杯
♪(*^^)o∀*∀o(^^*)♪





宿泊先は街から離れたホテル。
この日の最高気温は34℃で湿気なし。
さっそくジャグジーで脱力〜〜〜
( ̄ー ̄)














2日目はプチヴァケーションのメインイベントだったので別で書くことにして、、、


3日目はアンティークショップ巡りをした後
ランチを食べにメキシコ料理屋さんへ。
お料理が美味しかったのでお客さんが多いのはわかるけれど、
マルガリータとチップスにつけるサルサが私たちにはイマイチで私がマルガリータを残すというまさか⁉︎の自体が笑




ランチ後ホテルに戻りプールへ。
私は読書、
Jimはウォータースライドで大はしゃぎ!

足ーっ‼︎
(๑>◡<๑)
途中で真っ暗になるからちょっと怖くなって
スピードも上がって、、、
で一気に眩しくなって外に出て来てプールにジャボーン‼︎となるんだと。


Jim少年大興奮でした笑笑笑笑














4日目もホテルをチェックアウトする直前までウォータースライド。

同じようにウォータースライドを滑ろうと出発地点まで坂を上って行く子供達に、
今日はまだウォータースライド出来ないよ
と言いそのあとすぐに自分は滑り、
それを見ていた子供達が
あー‼︎(゚o゚;;
と驚いているのを見て
ひひひっ♪(´ε` )
と笑うJim少年。


どこまで少年なんだ、、、、、







もっと暑くなるのかと心配していたけれど、
ちょうどいい暑さで良かった良かった。







ランチはPhoenixと言えばここ‼︎
とJimが楽しみにしていたフードトラックに初挑戦。

めちゃくちゃ美味しかったらしい🎶











ランチ後は古着屋さんに行ってからFlagstaffへ。

翌朝にはミーティングなので
お仕事モードに戻りつつあるディナータイム。














翌朝Jimはミーティングへ。

先月からダウンタウンに小さなオフィスを構えたのですが、
オフィスのすぐそばに素敵なカフェ発見❤️
スムージーもカフェインレスのコーヒーも種類が多いので通いたいところ🎶














ミーティング後Zuniの我が家に帰宅。

しばらく続いた遠出の出張同行はこれで終わり。
とはいえJimはまたしばらくすると出張が続くわけなのですが、、、

 





今回連続して出張同行させてもらえたおかげで
Jimが出張先でどれだけ忙しく過ごしているのかを目の当たりにしました。

行く先々で違う内容の会議があるためそれに向けて準備したり会議とは全く関係ない別件のための顔合わせがあったり、
そして通常通りスタッフと連絡を取り合ったり。
飛行機や車での移動中もパソコンを開いてレポートを書く姿を見ていると、
常に何かに追われている感覚があるのでは⁈
と心配になるほど。

出張先での食事は唯一のリラックスタイムということも実感してしまったので、
出張中も食事には気を付けて‼︎
とこれまで口うるさく言っていたけれど
今後はもう少しやんわり言わねば…と反省。



Jimが約6年前に立ち上げた財団は良いスタッフに恵まれたこともあり今急激に成長中のようで、
その波を保っていたいこともあって良い意味で踏ん張り時が続いているように感じています。




これまで以上に仕事に励むJimに
私が出来ることも何かあるはず。




出張先の忙しい中でも私に連絡してくれることへの感謝の気持ちを忘れることなく、
JimがJim少年になれる時間も意識して作っていこうと思います。




ま、そんな風に思いながらも喧嘩することや文句タラタラ言うことも多々あるんでしょうが笑笑