【蝉しぐれ】観てきました | こんな女の日常ですが・・・

こんな女の日常ですが・・・

毎日、色々ありますがマイペースで生きていきます
だって自分の人生だもの・・・


※アメンバーの承認は髙橋大輔選手のファンの方のみにさせていただきます
 悪しからず・・・・m(_ _)m


テーマ:
『忘れようと、忘れ果てようとしても、
忘れられるものではございません』

これは主人公の“牧文四郎”が最愛の人“ふく”に当てた愛の言葉です

江戸時代

好きになった男女が、ただ腫れた惚れたで一緒になる事が出来なかった時代

結婚や出産は、権力闘争の元にされていた窮屈な時代

ただ、幼い日から想い続けた相手への純真な気持ち

あまりにも切なくて、美しすぎて、添い遂げる事の出来ない哀しさが

ずしんと心に沁みた作品でした


反逆者として切腹を命ぜられる父への尊敬と感謝の念、硬い友情

そして『日本人である事』を“よかった”と思わせるような、四季の風景

これが本当に、この時代の人々の生活風景だろうなと思わせる、生活様式や着物

何もかも反映されているように感じられました


特に私は“ふく”を演じた木村佳乃さんの凛とした美しさには感服いたしました

幼少の頃の“ふく”は佐津川愛美ちゃんという子役さんだったのですが

武士といっても、田舎の下級武士の娘,『おしん』を連想させる女の子だったのが

江戸城へ上がり、側室になって垢抜けた立派な“おふくの方”になった姿の美しい事・・・

別の人間が演じたとしても、時の流れの中で変わって行かざるを得なかった

そんな悲哀まで感じてしまいました


特に最後の文四郎との別れのシーンは涙せずにはいられません

剃髪を決意するものの、想いは残ったままだったのでしょうね・・・


時代劇といえど、これは純愛物語りです

チャンバラが苦手な方でも充分に楽しめると思います

是非是非、お勧めします

chiepさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。