ちえの樹 スタッフのブログ

ちえの樹 スタッフのブログ

説話社フォーチュンルーム116 ちえの樹 スタッフのブログです。イベントの裏話、スタッフルームでのぶっちゃけネタ、通常のつぶやき、ぼやきなど。

NEW !
テーマ:

こんにちは。ちえの樹スタッフのたなかです。

 

先週は、ちえの樹初の関西イベント7/11「ルノルマン・サミットinOsaka~ルノルマンカードの発祥と新解釈~」と、7/12「52枚で占うルノルマンカードinOsaka」が開催されました。
鏡リュウジ先生、伊泉龍一先生、桜野カレン先生、そしてそしてご参加いただきました皆様、

本当にありがとうございました笑い泣き!! 少し遅れましたが、ちえの樹スタッフ心より感謝申し上げます。

 

 

↑趣あるイベントホールで、ルノルマンカードを広げる参加者の皆様。3人の先生方にグルグルと巡回していただいて、直接説明を聴けたりと、すごくゴージャスなひとときだったと思いますおねがいキラキラ

↑こちらは7/12、桜野カレン先生の「52枚で占うルノルマンカード」講座。すごくきれいな建物で、快適な会場でした流れ星 「また絶対大阪に来てくださいネ!」とみなさんとてもお喜びだったので、スタッフも幸せでした照れラブラブラブラブ

 

それにしても大阪市中央公会堂、はじめて行きましたが迷宮のようなつくりで…うずまき

当日の夕方に、桜野カレン先生とスタッフは現地に到着。そこで、「記念に一枚写真撮りましょうグッハッ」と桜野先生をパシャリ。

↑立派な建物の前でピースサインの桜野カレン先生チョキ

 

たなか「立派な作り~! 東京駅みたいですね」

カレン先生「どこから入るんでしょうかねー?」

 

などとその辺をさぐってみたのですが、あれっ??入れまテン…

えっ こんな立派なドアがあるのに、正面玄関じゃない!?ポーン

トリックアートかいっ!!

なんとこちらは、建物の側面だったのです。

 

じつはここが正面で、良く見えてないのですが、左側に建物の入り口があります。

 

地元の方はおなじみなのかもしれませんが、

立派な建物すぎて入口がよくわからないという

遠方から駆け付けてくださったお客様が、入館する前に迷われる事態に…(申し訳ありませんでした!) 

建物内で東側と西側に分かれており、脳梁みたいな細い廊下で一部がつながっているだけという悪魔の構造でした…脳みそ

じつは先生方も館内で迷われたそうで、イベント会場入りする前に、おじいさん&おばあさんのダンス会場に顔を出してしまったのだとか。(鏡先生、伊泉先生、カレン先生が社交ダンスの場に登場している様子を想像すると、大変大変失礼ですが、笑ってしまいました…ニヤニヤ)。

 

 

それでもイベントはなんとか無事に始まりまして、思い出になるひとときでしたラブラブ

↑奥から伊泉龍一先生、鏡リュウジ先生、桜野カレン先生。ルノルマンカードが生まれた背景や、ご自身のルノルマンカード体験談などをお話してくださいました。

 

イベント会場は、天上のステンドグラスが美しいお部屋キラキラ照れ ムードあるライトと緞帳、重厚な作りの壁や床。たまたまだったのですが、大阪中央公会堂は、今年で100周年なのです。ルノルマンカードが生まれた19世紀には及ばないけれど、歴史ある空間でカードを並べるのはとてもロマンチックな様子でしたぶどう 普段は舞踏会やダンス大会にも使われる会場なんですって。

 

ルノルマンカードをお持ちいただいていたので、みなさんで「グランタブロータイム」。

先生方が会場をぐるぐる回ります。

なかなかない機会だと思うので、参加者さんのテンションも上矢印上矢印ルンルン

 

スタッフが嬉しかったのは、この日のためにご用意した「ルノルマン・ダイス」をみなさんとっても喜んでくださったことですお願いラブラブ 受付時にお渡ししたら「きゃー!」とお喜びなられていました。

↑箱の中身。3色のダイスが2つずつと、当日のイベントタイトルや先生方のお名前の入ったクロス入りです。使ううちにダイスが汚れてきたらこのクロスをご利用くださいネ。

 

「おまけについてくるの、ダイスだけだと思ってた!」とおっしゃるかた続出だったのですが、

アンティーク木箱とともに、ダイスとクロスのプレゼントでしたウインク流れ星 しかも木箱のデザインがお一人ずつちがうので、参加者様の自分だけの思い出になったらいいなという気持ちです。

新しく生まれた占いアイテムなので、ルーンデッキのように取り出して占うのも良し、カードと組み合わせてみるのもよし。新たな占い方をぜひ参加者様の手で見つけて行っていただければいいなと思いました。

 

ルノルマンカードも、もとはと言えば「希望のゲーム」というすごろくのゲームカードから生まれた…と、伊泉龍一先生や鏡リュウジ先生が講座の中でお話してくださいました。ルノルマンのダイスも、何か別のカードとの組み合わせや使い方が考案されて、新しい占いが生まれるのかも…。占い以外の用途として使われる可能性もありますよね。

この7/11のイベントのタイトルが

「ルノルマン・サミットinOsaka~ルノルマンカードの発祥と新解釈~」

だったのですが、この大阪のイベントがまさに、新しいルノルマンの占法の発祥と新解釈になればという気持ちです照れピンクハート これからもワクワクするようなムーブメント、みなさんと一緒に説話社ちえの樹が作り上げていくことができればいいなーと思っています。

 

今回は本当にありがとうございましたキラキラ 今回は残念ながら参加できなかった方も、また次のタイミングでちえの樹のイベントに遊びに来てくださいネバイバイデレデレラブラブ

そしてそして、参加者さんのためにいっぱいお話してくださった鏡リュウジ先生、伊泉龍一先生、桜野カレン先生、本当にお疲れ様でした花火

↑イベント後、タクシーの運転手さんが(疲れ切ったスタッフに)すごく優しくて、ティッシュをくれた!「いいいいいんんですかあああ!!嬉しいですありがとうございます笑い泣き!!とものすごく感激したら、引いてたガーン ティッシュのデザインがお洒落だお願い運転手さん、大阪のみなさん、御親切にありがとうございました。

 

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス