ご心配をおかけしました!!! | 黒崎ちえみ「REALなLovelyダイアリー♪」

黒崎ちえみ「REALなLovelyダイアリー♪」

ピアノ弾き語りシンガーソングライター・黒崎ちえみの徒然日誌


テーマ:
みなさん。
いつもこのブログを読んでくださっていて、本当にありがとうございます。

ペタや、コメントもすごく嬉しくて、なかなか表立った活動が出来ない今の私にとっては、すごく励みになっています。

日々何気ない出来事や、感じたことなどをブログで更新してましたが、
「黒崎は、元気にやってますよー!」
ということが伝わっていれば、嬉しいです。


ホームページでも、ご報告させて頂いた通り、この数ヶ月、私は
「ギラン・バレー症候群」という病気と闘ってました。

幸いにも割と早期発見だったようで、治療も無事終わり、約3週間の入院で無事に退院出来ました。
ただ、退院は出来ても、症状はまだ残っていたので、自宅療養という形で、日常生活で少しずつ身体を慣らしていました。

この病気は、誰でも発症しうる病気です。年齢も関係ありません。
ちょっとした体調不良が原因で、本来体を守るはずの免疫システムが、何らかの拍子で守るべき自分の身体の抹消神経にダメージを与えてしまうという病気。


例えば、風邪をひいたとしましょう。
すると、体の中では、そのもととなったウィルスや細菌を排除しようとして、血液中に「抗体」が作られます。その時に、間違って、自分の運動神経を攻撃してしまう「自己抗体」が作られてしまい、その「自己抗体」が運動神経の機能を障害して手足の筋肉などが動かなくなる、感覚神経の機能を障害して手足の感覚をなくしてしまう…、というしくみです。


お、おそろしや。。。


だいたい、風邪などで体を崩してから、1,2週間後に発病することが多いらしいです。

もちろん、発症する要因は他にも色々あるようですが。

どうして、そのような自己抗体が出来てしまうのかが、まだ解明されていない為に、難病とされている病気だそうです。

過去に、大物女優さんや、スポーツ選手も発症していて、もしかしたら、病名くらいは聞いたことがある人もいるかもしれません。


正直、私は初めて知りました。


思い起こしてみると、私にも前兆は確かにありました。

聞き馴染みのない病名を知らされた瞬間は、どのくらいヤバいのかどうかも判断できないから、病院の先生に、「緊急入院です。」と言われて、一晩集中治療室に入った意味すらよく分かってませんでした(苦笑)




いやー、ほんとに、ビックリです。


ビックリするような事がたくさん起こりました。


意識はハッキリしているのに、神経が麻痺していくから、思うように体が動かせないことが、本当に悔しかったし、辛かったし、情けなくもなりました。
入院中も、体の痛みが激しくて夜も眠れない日々が続いて、気持ち悪い夢をたくさん見てしまい、ちょっと心が折れそうになりました。


それでも、病院の先生や看護士のみなさん、そして仲間や家族、主人に支えてもらいながら、今日までやってこれました。


自然に、体の中から、厄介な抗体は消えてくれるようなので、それだけが本当に救いです。


しかし、かなり気長に付き合っていかないといけないこと、そのことで家族にもたくさん負担をかけてしまうことが、本当に申し訳なく思いました。


でも、本当に軽度で済んで良かったというのが正直な気持ちです。
まだ身体に違和感を感じているものの、ほとんど回復しています。


今は、見た目じゃ「病気してたの!?」って言われてもいいくらい、良くなってます!




皆さんの前で、今までのように、いや、今まで以上の歌をお届けできるまで、もう少し待っててください!

今、色々と計画しているところです!!


黒崎ちえみ、めちゃくちゃ元気です!




そして、みなさんも、お体には、本当に、本当に、気をつけてくださいね。
体は、常に、何かしらのシグナルを送っています。

頑張りすぎる人が多い、今のこの世の中、多少の無理は誰だってするかもしれませんが、「おかしいな?」と思ったことを、先延ばしにしないことがすごく大事だと、私は知ることが出来ました。


暑い日が続いています。
どうか、どうか、お体には気をつけて。







今日も、ブログを読んでくださって、ありがとうございました。

これからも、何気に覗いてください^^

黒崎ちえみさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス